融通




クリーンセンターに
粗大ゴミを持って行った時の話しです。

段ボールや
毛布
古着を自家用車のトランクに積んで
クリーンセンターに捨てに行った。

粗大ゴミの流れは

到着すると…

先ずは
車の重さを計量し

ゴミを降ろしてから

再び
車の重さを計量する。

お金を払って終わりとなる。

「1700円です。」

「えっ?」

普段も
段ボールなど捨てに来るが

せいぜい300円から
多くても500円なのに…

何かがおかしい。

レシートを見たら

ゴミの重量が
170キロとある!

えっ?

事務員さんに

「段ボールや毛布だけで
170キロはないでしょう。
しかも自家用車のトランクに積んでいた量ですよ!」

「さぁ…?」と、間抜けな返答。

「見てないから分からないです。」

ピキッ!!!

「お金を払うのが嫌とかではないの!
常識的に考えて、私が170キロのゴミを
自家用車に積んで来るとでも?」

「さぁ…?」

ピキッ!!!ピキッ!!!

「あのね!ピアノ一台運びこんだんじゃないのよ!」

「はぁ…」

ピキピキピキッ!!!

「お金の問題ではなく、おかしいでしょ!」

「じゃあ…
捨てたゴミを、もう一度車に積んで計量して下さい。」

はっ????

「そんな面倒なことするなら
ゴミを運搬した係員に聞いてよ!」

「でも…。計量しないと…」

はぁ????

押し問答の末

捨てたゴミを拾いに行った…

そうしたら
既に処理されて分からないと言う。

くだらん!

頭にきていたので
「お金払うけど、170キロって重さを理解してます?」

「じゃあ…最低料金の100円でいいです。」

はっ?

言葉を失った。

帰りがけに寄ったスーパーで
懐かしいお菓子を見つけて…

何故か
ホッと和んだ。。。




スポンサーサイト
プロフィール

鈴木直美

Author:鈴木直美
ピアニスト、指導者として活動中。
Suzuki Piano School主催。
VERY GENE ドレスショップオーナーを務める。

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブログカウンター