反物からドレス




知り合いからの依頼で

「余っている反物でドレスが出来ないか」と
問い合わせがありました。

反物を染めてみたら
思いの外
暗い紺色だったのにがっかりし

着物には仕立てずに
そのままになっていたそう。。。





せっかくの反物がもったいないと

「フォーマルドレスに仕立てられないか?」との依頼でした。

ご年配の方なので
「派手は嫌だし、露出も困る。」

はい^^;

こちらで
デザイン画を描くところからのお仕事。

デザインは任せてくださるとのことでしたが
問題は
二の腕を隠したいというご希望でした。

反物生地は
伸縮性がまるでないので
生地には張りがあります。

袖を作っても
ピ~ンと仕立て上がり

腕の動きが妨げられます。

動きを楽にしようとすれば
袖が太くなってしまい
腕のラインに沿うような
華奢なシルエットにはならないんです。

せっかく隠した腕が
返って太く見えるのでは嬉しくないこと。

そこで
てろんとした
透け感のあるシフォンを使いました。

これなら
腕の動作もエレガントに見えます。





ウェストには
幅広のレースを使い
上品なアクセントに。

派手過ぎない程度の
ビジューをあしらい

お祝い事に
ふさわしい華やかさを演出してみました。





一本の反物から
ドレスが仕立て上がりました。

感激!

また
ひとつ「やってみれば出来ること」が増えて達成感!

おうちに眠っている
反物や
着物
古いドレス

良かったら
リメイクしますよ~♪

http://www.rakuten.ne.jp/gold/verygene/

こちらのHP
お問い合わせから
アクセス下さいませ。

ご相談受けます。




スポンサーサイト
プロフィール

鈴木直美

Author:鈴木直美
ピアニスト、指導者として活動中。
Suzuki Piano School主催。
VERY GENE ドレスショップオーナーを務める。

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブログカウンター