歴史を学ぶ日



ベトナムはハノイ
旅の第三日目は歴史を学ぶ日…

ホーチミン廊、
ベトナムの父と崇められるホーチミン氏の墓。

朝一番で
訪ねたものの
長蛇の列に
中に入ることはギブアップ (⌒-⌒; )

タクシーを回して
ホアロー収容所を見学するも

終始恐々…

1896年に
統治するフランスによって建てられた収容所は
ベトナムの独立を願う政治犯などが
強制収容され
厳しい労働
拷問
ギロチン刑

凄まじい数の
犠牲者を出したとされています。

現在
収容所は一部が記念館として保護され
当時の監獄を再現し
片足を繋がれた人形や
本当に使用されたギロチンなどが陳列されています。

ベトナムは

およそ
100年間に渡り
フランスの植民地となり

その後

1940年に
第2次世界大戦で
フランスがドイツに戦争で負けたので追い出され

ドイツと同盟国であった日本軍が進駐します。

日本が第二次世界大戦に負けたことを受け

ベトナムを失いたくないフランスがベトナム南部を干渉し
独立を掲げるホーチミン率いる北部ベトナム軍とに分かれて
第一次インドシナ戦争勃発。

この戦争は8年間に及ぶ。

南北に分かれベトナムの独立を助けるという名目で
南はアメリカが支援し
北部はロシアが後押しした。

実際は
他国の思惑である資本主義と共産主義の戦争に
巻き込まれる形になったのがベトナム戦争。

10年間に及ぶベトナム戦争が終結したのは
そう遠くない

終戦が1975年なのだから
私などは
テレビニュースの映像が
記憶にしっかり焼き付いている。

ベトナム戦争中
この収容所は
アメリカ兵捕虜の収容所として使われるようになったそうです。

他国の思惑に門弄され続けたベトナム。

ホアロー収容所の
あまりの不気味さに
我々は言葉少なくなり
足早に通り過ぎるのみ…(~_~;)

スポンサーサイト
プロフィール

鈴木直美

Author:鈴木直美
ピアニスト、指導者として活動中。
Suzuki Piano School主催。
VERY GENE ドレスショップオーナーを務める。

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブログカウンター