Thank you




この春から
晴れて音大に通う生徒ちゃん

毎週のレッスンは
ここでおしまい。

後は
大学の先生に師事して
頑張っていきなさい。

最後のレッスンに
カードを書いて渡してくれました。

「先生は憧れです。」

にゃはは

照れるなぁ。。。

私は
この子に出来るだけのことをして上げた。

小3の時にやってきたというから
かれこれ10年間も共にレッスンしてきた。

身長も150センチあるかないかだが

小さな身体に
闘志を秘めている。

小さなくせに
リストとか弾きたがる。

無理だと言っても

ガムシャラに練習して
なんとかこなす。

音楽家の娘を
夢見るお母さんの期待に
この子は応えた。

努力家の子なので
きっとこれからもコツコツ頑張るだろう。

Thank you for thank you!

また一人
巣立っていったことを誇りに思う。

スポンサーサイト

ブラウニー




今日の生徒ちゃんは…

ラッキーなことに
ブラウニーをお土産に貰っていました。

成人した生徒ちゃんが
夜、レッスン後に
ご飯を食べに来るというので

クルミをたっぷりのせた
ブラウニーを焼いたのです。

大きなサイズのブラウニーは
一口大にカットしてみたら…

思いの外
たっくさん
作れちゃったので

レッスンにやってきた
生徒ちゃんに配ったという訳です。





新作デザイン




花籠を持つ少女は…

先日の19日に撮影した
モデル画像のひとつです。

こちらのデザインは
春の新作として

これから紹介していきます。





先駆けて

鮮やかなハンターグリーンで
お客様にお仕立てしました。

ドレスは
強いカラーだと舞台で映えます。





ボディの見事なビーズ刺繍に加え

背中のコロっとした
キラキラボタンが可愛いの!




春日部ステップ




羽田からの

春日部ステップにアドバイザーとして
出向いて参りました。

日曜日の朝9時半に集合して
終了は夜の9時までと

長時間に及ぶステップでした。

永岡先生
新井先生
古賀先生との
4人でローテーションを組んで
講評にあたりました。





永岡先生

アドバイスの合間のトークコンサートに
いきなり「メフィストワルツ」なんて曲を

しれっと演奏されちゃうんですから
そのモンスター振りには驚きました!

アドバイザー先生方の
講評時に話された
ひと言ひと言も心に響くものでした。

開催ステーションの代表・直井先生始め
スタッフの方々にも
大変によくして頂き

あっと言う間の春日部ステップでした。


それにしても
台湾からの仕事ですって?

体力と気力は
家系に流れているのです(笑)

台北レポート




…ということで

無事に
二泊三日の台北女子会ツアーを終えて

夜の便で
無事帰国しました。

台北は
観光というより

食べるのが目的になるので

なんだか
食レポみたいになっちゃいました…笑笑

台湾は
観光で出掛けるのは楽しいです。

もし
お出かけの際には
旅レポ参考にされてください。

最近、立て続けに
中国と台湾を訪ねました。

中国は
近くて遠い国

台湾は
非日常を味わえる国

中国語圏でも
随分と違いを感じたのでした。

では
旅レポ

これでおしまいヾ(@⌒ー⌒@)ノ



MRTカード




台北市内の移動は
MRTが断然便利。

地下鉄、電車、モノレールといった
公共の移動手段を
この一枚で乗れます。

とても分かりやすく
中国語や英語が心配でも乗り継げます。

市民の足を
カバーしてくれています。

MRTのカードを
駅のインフォメーションで買って

いくらか
チャージして

滞在中は
これを使うことをオススメします。

始めに
100台湾元もチャージしとけば充分です。

後から
駅やコンビニでチャージできます。

後の移動手段は
タクシーですね。

初乗りが300円くらいなので
使いやすいです。

日本みたいに
手をあげたら止まってくれます。

空車のサインは赤点灯

ドアは自分で開けます。



台湾土産




台湾土産と言えば

やはり…

食べ物ですよね~!

定番の
サニーヒルズ「パイナップルケーキ」





そして
ニッコーホテルと
オータニの「ヌガー」です。

どれも
ズシリと重たいので

最終日に買って
空港まで運びました…(*´Д`*)

おばあちゃんが
ニッコーホテルのベーカリーで…

試食のヌガーを
幾つかポケットに入れたのを
見逃さなかった娘ちゃん。

「ヌガーは入れ歯にくっつくよ」と
おばあちゃんからヌガーを奪い

またまた
食べてるしぃ!

物価




結局…

台湾の物価は安いのかしら?

皆さん
興味を持たれていることと思います。






街中で
地元の人々が買って行く

「包店」に
目が惹き寄せられました。

中華饅頭ひとつが16台湾ドル。

つまり
一個は80円くらいかな…

食べ物と
移動(交通費)は
日本に比べると安いです。

アパレルは高い。

物価は
日本に比べると安いが
思ったよりは安くないってのが結論です。


ローカルフード




龍山寺に行く時に

乗ったタクシーの運転手さんが
お店の前を通りすがりながら…

教えてくれた
オススメのジモティなレストラン。

「周記肉粥店」





ここで食べるのは
ハードルの高さがある。す

お店の入口で

「衛生面に、どうなの????」と
いぶかりながら入店。

すると…
日本語メニューが出てきた。





我々が

日本の観光地で
訪ねてくる中国人を指しては

「何処にでも中国人がいるなぁ~」と
思う以上に…

現地の人からすれば

「何処にでもいるなぁ~日本人!」ってな

観点で見られている事に

ようやく
気付かされたりします。





この店の名物は

トンカツみたいな物と
エビや肉粥らしいです。

ひっきり無しに

地元の人達が
出入りしている様子を見て…

勇気を出して
オーダーしてみました。

トンカツは
小皿に入った酢味噌みたいなソースをつけて食べます。

恐る恐る…口にしたトンカツ

人気店になるのがわかる。

これも美味しいじゃん!



おみくじ




台北市内にある
龍山寺では

一風変わった

おみくじの作法があります。

2つの駒を
床に向かって投げます。

アメリカのコイン投げみたく
裏表で
その瞬間の運だめしなんです。

画像のように
裏表のペアが出れば

おみくじ棒を引けます。





引いた札に書かれた番号の

引き出しの中から

おみくじを取ります。





全て
セルフですっ…笑





おみくじ箱の上には

英訳本が置いてあるので





おみくじの内容が
解説されます。

英訳も…

セルフですっ!

ちゃっかり
50番の大吉を引いた娘ちゃん。

訳せば…

宝物を満載した船を漕いで
世界中を旅したとしても
どの道、願いがかなうように風が吹くだろう。

順風満帆らしいっす (・・?)




龍山寺




台湾
三日目は…

あいにく
朝から雨降りでした。

タクシーで
台北市内にあるパワースポット

龍山寺を訪ねました。





入口で
ひとり三本づつ、長い御線香をくれます。

3つの炉を周りながら
願いごとを
ひとつづつ唱えながら

火のついた御線香を炉に
ぽとんと落とすように

一本づつ
投げ入れます。

台北の龍山寺は…

拝観料も取らず
お線香も無料で配布

加えて
おみくじもタダなんですよ。






寧夏夜市




ランタンツァーの帰り

バスを降りたのは
寧夏夜市の附近でした。

この夜市は

屋台村みたいな感じで

食べ物の屋台がひしめき合っています。

ものすごい人出!!

押すな押すなの人の波にもまれながらも

おばあちゃんが眼ざとく
好物を見つけた。

「イカめしなら食べたい!」と言い出した。






旅の二日目の夜

歩き回って疲れも出ていたので

「イカめし」やら
カットフルーツなどを買って

ホテルに戻りました。





「イカめし」は

メガサイズ!!

明太マヨをかけて食べます。

美味しく頂きましたが…

4人でひとつで
充分なデカさには驚くばかり。





看板を良く見てください。

「いかあし」って…間違ってる(苦笑)


構内




ランタン上げに

感動する間も無く…

本当に
電車が走って来た!

ピピーーーーーッ!

慌てて
ランタン上げの道具を片付ける業者。


下の画像

足元は線路なのが分かりますか?







ダダダダダダダダダダッ!

轟音を上げながら
目の前を
電車が走り去る光景に

マジかっ!


ランタン




赤い紙で作られたランタン

四面に夫々
願いごとを墨で書いて

夜空に上げるというしきたりを体験。

参加したのは
商売ランタンなのでしょう。

駅前の線路から
電車が通らない時に
ランタンを上げちゃうという

なんとも
乱暴な観光客相手の商売ランタン(汗)

それでも

思い思いに
願いごとを書いて

夜空に放つ作業は
中々味わい深いものがありました。





欲張りな
私の願いよ

天まで届けっ!





おばあちゃんの願いは

元気で
針仕事が出来ますように!

泣けた。。。

ありがとう


旅のハイライトでした。


十分




夕方からは

阪急ツァー主催の

「十分という田舎街に行って
ランタンを夜空に上げる」という

バスツァーに参加しました。

ツァーには飲茶も付いていましたが
これは美味しくなかった(泣)

やはり
無理に土産物屋に連れて行かれり

不味いご飯に誤魔化されたりするので

バスツァーは
寝ていても
目的地に連れて行ってくれるので
楽ちんではありますが…

それより
自分の足で探し回るのが一番だなぁ~と

つくづく…思った次第。

豆花




台湾の人達は

カキ氷が好きなんです。

続いて訪ねたのは…「豆花」の人気店。





柔らかい
つるんとした豆腐みたいなデザート

上から
カキ氷に
イチゴ
タピオカ
練乳がかかっています。

想像通りのお味で
美味しかったですよ。

食レポみたいなんですけど…

台湾って

基本
食べるしかないの



カスタマイズド




猫空山頂で
中国茶を楽しんだ後は…

再び
台北市内に戻り

娘ちゃんの希望で
シャンプーをカスタマイズド出来る

「ミスター・ヘア」という美容室に立ち寄りました。





好みの香りと

色を選び





シャンプー液に

香りエッセンスと

色素を入れて振って混ぜるだけ。





お揃いの
フレグランスで

コンディショナーや

ボディソープも作れます。





やったね!!





茶菓子




茶器のセットと

こんもり…

いや

たんまりと盛られたお茶菓子

選んだ茶菓子は

サキイカ
渦巻き煎餅
緑豆の落雁みたいなもの

どれも
日本人の口に合います。






小さなサイズの急須に

かなりの量の茶葉を入れ

お湯を注したら
棄てちゃいます。

棄て湯で
茶器を温めます。

再び
お湯を注ぎ
1分蒸らしたら
片口の器に注ぎ

片口器から
銘々の細長い湯呑みに
たっぷりと注ぎます。

上から
蓋をするように
丸味を帯びた湯呑みをかぶせ

親指と人差し指で挟んで
クルッと反転させ

細長い湯呑みを上げれば
お茶は
当然丸い湯呑みに注がれます。

先ず
空の湯呑みに移った香りを嗅いで

リラックスしてから
淹れたてのお茶を飲みます。

作法





猫空の山頂では

辺りの
山肌に広がる茶畑で採れる
中国茶を楽しめる茶房が
道沿いに並びます。

老舗「緑茶房」で

中国茶の作法を教えてもらいました。

猫空は
日本人観光客が
それほど押し寄せて来ない郊外なので

お昼時と
お茶には中途半端な時間帯ともあり

店内は空いていたので

丁寧に
中国茶のたしなみを伝授してくれました。





なぁるほど!

今までの淹れ方は
間違いだらけだったと気づく…苦笑





猫空山頂駅に向かって歩く後ろ姿


空中散歩




猫空ロープウェイに

わざわざ乗りたかったのは…

床が透けて見えるので
空中散歩が楽しめるからなんです。





高所恐怖症の向きには
床の透けないタイプもあります。

並ぶ時に
「水晶車」の列に並ばないと
スケルトンタイプには乗車出来ません。





きゃはは(((o(*゚▽゚*)o)))


アニョハセヨ




晴天に恵まれての
猫空は

実に清々しい空気で
散策も楽しかったです。

東京郊外で言えば
高尾山みたいな感じかなぁ~

台湾の
街中で買ったキャップに

サングラスをかければ…






もはや

「アニョハセヨ!」

タクシーの運転手さんにも
「コリアン⁈」と、声をかけられてました。


台湾二日目




台北滞在第二日は

朝から
張り切って

モノレールに乗り

台北郊外にある
猫空ロープウェイに乗りにやって来ました。

台北の地下鉄網MRTは
綺麗に整備されていて

とても分かりやすいので
誰でも活用出来ます。

但し

車内の飲食は罰金が取られるので
要注意です!






モノレールの動物園駅から

徒歩で
ロープウェイ駅まで歩きます。

山頂の
猫空駅まではロープウェイで
約25分の空中散歩が楽しめます。



夜市




台湾の人は
夜市が大好きです。

って言うか…

自宅で
あまり料理をしないで

基本
外食なので

屋台が充実しているのです。


台北本駅から
地下鉄に乗り換えて

士林夜市へGO!

ガラクタを
ひやかしながら

地下の食堂街へ

まだ
食べるんかいっ!






こちらは
しばしばテレビでも取り上げられていて

日本人観光客が
たくさん訪れるので

日本語通じます。





台湾料理を食べた後に

娘ちゃんは
タピオカドリンクをゲット。

現地では
ミルクティーのタピオカドリンクが人気。

画像は
レモンティーのタピオカ入りドリンクですが

このサイズで
タピオカミルクティーなら

なーんとカロリーは700キロですって!

こわぁい!

先に言ってよぉ~!





夜市散策続けていたら…

巨大カステラに遭遇。

お腹は
満腹だったが

「ここでメゲてどうする?」と
変な根性が沸いて出て

「イーガー!」ひとつ
と、叫んだら





なんと!

ひとつが
パン2斤分のメガサイズだった(爆笑)



特急




九份で
散々食べ歩いた我々は

日も暮れて来たので

台北市内に戻ることにしました。

再び
瑞芳駅までタクシーで戻り

そこから
電車に乗ろうと…

「このチケットで良いの?」と
ホームに立っていた駅員さんに聞いたら

「エクスチェ~ンジ!」

「ハリー!」と、叫ばれたので

指差された
駅舎に駆けて行って

窓口で
チケットを出したら
特急券に代えてくれました。

ゼイゼイ。。。





ボケちゃいましたが笑

特急の写真も撮れてホッと台北へ…




食べ歩き




観光地「九份」は
食べ歩き天国なんです。

娘ちゃん

着いた途端に
爆食べ歩きっ!


先ずは
ドラゴンフルーツをパクッ!





べっこう飴に惹かれ…





ピーナッツ飴を砕いた粉と
アイスクリームのクレープ巻きに興味を抱き…





エリンギの網焼きは
味がしっかりして美味し!





1キロほど
散策する間に…どんだけ食べるんだ!

しかも

お目当の場所に到着するなり
直ぐさまに
付近のレストランに入り





台湾料理で
たんまりと遅いランチと来た!





ここで
夕暮れまで

お茶を飲みながら
ゆったり&まったりと過ごしていました。





台湾は
食べ歩きツァーがオススメなんです。

それにしても
初日から飛ばしすぎっ!

九份




台湾北部にある

観光地「九份」は
大変な賑わいでした。

元々は
金の鉱山で栄えた街は

山肌に張り付くように建てられた街並みが
アンティークな雰囲気で

夜となれば
赤提灯が灯されて

タイムスリップしたような風景が楽しめます。





「千と千尋の神隠し」の舞台が
想定された土地とも噂されたことも
九份人気に拍車をかけています。

カメラ女子の娘ちゃんは
夢中になってシャッターを切っていました。








以上は
私の携帯写メ画像です。


以下は
娘ちゃんの写真です。














台北本駅





台北初日のレポートです。

羽田空港から
早朝のフライトだったので

お昼前に
台北松山空港に到着。

1時過ぎには
ホテルにチェックインを済ませ

台北本駅へと向かいました。





中国も
そうだったけれど…

何故が
駅舎は無駄にデカく立派!

台北本駅の
天井を見上げながら

チケット売り場に並ぶ。

妹が
自動券売機を発見し

目の前でウロウロしていたら
台湾の方が助けてくれました。






教えられたホームに行くと

青いローカル電車が入って来て

「これ、大丈夫かいな?」と思う間も無く

辺りは
日本人観光客ばかりだったので

安心感と

せっかく台湾に来たのに
日本語かいな…とガッカリした気持ちと

入り混じりながら

50分も電車に揺られて瑞芳駅に到着。

駅舎からタクシーで山に登り
九份を目指しました。





旅の行程




私自身

台湾渡航は
二度目だったので…

台湾初めてのメンバーに

女子会を意識した
二泊三日の旅行程をプランしました。


●第一日目

電車に乗ってみる
九份の夜景(屋台の食べ歩き、台湾料理)
士林市場(地下食堂街、ガラクタの買い物)


●第二日目

猫空ロープウェイ
茶房体験(中国茶のしきたりを学ぶ)
マイシャンプーを作る
豆花(台湾のデザート)
十分(ランタン上げ体験)
寡夏夜市(屋台村)
マッサージ


●第三日目

龍山寺(台北のパワースポット)
ローカルフード(地元民に習う)
お土産調達(パイナップルケーキ、ヌガー、文具)


細かい情報は
順次アップしていきます。

日本から
3時間ほどのフライトで渡航できる台湾。

親日家も多く
人々は
とても親切で穏やかです。

食べ物は美味しいし

タクシーや電車、地下鉄など
移動は安いです。

その他の物価は
それほど安くはありませんが

二泊三日で
充分に楽しめます。

旅行会社のオプショナルツァーは
高くつきますし
あてがわれる食事はよろしくないので

台湾は
公共交通機関が発達していて
乗り継ぎも
分かり安いので…

ガイドブック片手に
自分の足で周るのがオススメです。


台北メンバー




台北への
女子会ツァー。

事の始まりは

妹が…

「3月末に休暇とれそうだから
おばあちゃんを何処かに連れて行かない?」と

話しを持ちかけたからです。

妹と母は
しばしば連れ立って旅行に出かけていましたが

私を含めての旅行は
無かったので

丁度
春休みの娘ちゃんも加え

女三代
4人でのツァーを組みました。

これが
中々の珍道中でした~笑

少しづつ
ご報告しますね。

女子会ツァー




おばあちゃん

娘ちゃんを引き連れて…

台湾に

女子会ツァー出掛けてきます。

美味しいもの食べて

歩きまわって体力つけます!

週明けの
月曜日から

また
レッスンにドレスにと
通常にお仕事を再開します。

このところ
働き過ぎたので

しばらく休暇楽しみます。

再見。

プロフィール

鈴木直美

Author:鈴木直美
ピアニスト、指導者として活動中。
Suzuki Piano School主催

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブログカウンター