同窓会




ニューヨークでの
駐在時代のママ友との同窓会ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

今回は
横浜中華街での開催で
千葉に住む私には
ちと遠かったのですが…

横浜生まれ
横浜育ちなので
とても懐かしく
ウキウキと出かけました。

まぁ
上手いこと
逗子行きの
総武線に乗ってしまえば
最寄りの大網駅から
横浜まで
1時間40分と
時間はかかるが直通で行けますしね。

会場は
大珍楼の食べ放題バイキング。





「あたし小食なんでぇ」とか言いながら
食べに食べて
お腹パンパン!!

写真撮るのも忘れた(笑)

くっ
くるしい (>人<;)!

なんか
バイキングって
フードファイト入っちゃうんですよ。






スポンサーサイト

保温ポット




サンドイッチだけでは
野菜が足りない。

そこで
キャベツとソーセージのスープを作り
保温ポットに入れました。

保温ポットは
熱湯を入れて
あらかじめ温めておけば
お昼の時間になっても
そこそこ温かく食べられます。

寒くなってきたこの頃

サンドイッチに添えた
野菜たっぷりのスープは嬉しいね( ´ ▽ ` )ノ






クロワッサン・サンド




前回のお弁当に
作ったクロワッサン・サンドが
気に入ったらしい娘ちゃん。

「また作ってぇ」との
リクエストに応えて
今朝も作りました。

前回の具材は
レタス、チーズ、ベーコンに、マヨとマスタード。

今回の中身は
レタス、ハム、目玉焼きに、マヨとケチャップ。

ビッグサイズなので
お友達にも分けられるように
ふたつにカット。

ワックスペーパーで包み
ケーキの紙箱に入れたら
ウキウキ度もUPします(^ー^)ノ





バロック作品




画像は
ショパコン・イン・アジア
千葉地区予選会場の「きららホール」がある
船橋駅前のクリスマス電飾。

いかにも
船橋らしいセンス(笑)

さて
コンペ課題となる
バロック作品の演奏について…

正論って
人に寄って違うと思いますが

様々なコンペ審査
たくさんの演奏を拝聴して
私なりに
感じることを書きます。

テーマを追うことは
かなり
常識として浸透しています。

ところが…
対旋律のボリュームを落としきれない演奏が目立つので
主張が張り合うのです。

まるで
多声部同士で
喧嘩でもしているかのように
かなり
やかましいバロックになっていたりします。

そんなに力を込めて叩いたら
当時の楽器じゃ壊れるよぉ~(゚o゚;;

次なる課題は
強弱の設定に関して。

バロック作品を
現代のピアノで弾いているのだから
強弱は付けて演奏することが
主流となりますが
その強弱は
どの様な考えで付けていますか?

楽譜に記載された強弱は
作曲家自身の書き込みではないので
ひとつの解釈にしか過ぎません。

その意味では
録音を参考にすることも
ひとつのモデルでしかないと
理解することが大切です。

テーマが欠損している部分で
序列(同じパターンの繰り返し)に
楽しくなってしまい
ついつい盛り盛りっと
音量を上げたくなりますが…

そこは
押さえ目にされたら
品良くまとまります。

テーマが欠損しているということは
大した主張が無いと
解釈しても良いかも知れません。

まだまだ
言いたいことはありますが

今回の講釈は
この辺でv(^_^v)♪









ショパコン




今日は
ショパンコンクール・イン・アジアの
千葉地区予選の審査で
船橋駅前の
きららホールに出向きました。

大学生
一般
コンチェルト
中学生部門の参加者の熱演を
一日聞かせて頂きました~♪( ´▽`)

大曲揃いでしたので
なんと聞き応えのあったこと!

これだけ
若いうちから腕を上げられたら
どれだけ楽しみなことかと
期待溢れる初々しい演奏に
羨ましい気持ちも沸くほどでした。

皆さん
かなりのレベルで
演奏されていましたが…

千葉地区予選は
全国で展開されている
ショパコン・イン・アジアの
最終予選とあり
通過人数が絞られたので
厳しい接戦となりました。

あの場にて
演奏されるだけでも
かなりな経験になったと思えるコンペでした。

いつも思うのですが…

ペダルは
どんなに上手く弾けても
濁ったら勝ち目はありません。


平素の練習時から
その点
耳を鍛える必要はありますね(^_^)







ホットチョコレート




先日
長崎での仕事ついでに
友人と訪ねたハウステンボスのお土産。

チョコレート棒*\(^o^)/*

ホットミルクに
チョコレートを溶かして
ホットチョコレートを試してみました。





思ったより甘過ぎず
身体の芯から
温まりました。

これって
ガーナチョコレートを
細かく砕いて
ホットミルクに混ぜても出来るんだけどね(笑)





トークコンサート




高崎サロン地区PTNAピアノステップにて
12月14日(日曜日)に
開催されるトークコンサート。

今回は
白石照夫先生との連弾で
お楽しみ頂きます。
15分のプログラムは以下になります。


【プログラム】

⚫︎シング   ラポソ作曲(春畑セロリ編曲) 2:10

⚫︎メヌエット BWV115 バッハ作曲(春畑セロリ編曲) 1:30

⚫︎進歩    ブルクミュラー作曲(宮本満栄編曲) 1:10

⚫︎バイエル 第60番 バイエル作曲(三枝成彰編曲) 1:30

⚫︎ハッピーバースデー ルドウィグ作曲 6:40

⚫︎スペイン舞曲 第3番 モシュコフスキー作曲 3:00



以上
お馴染みの
小さな曲を
テンポ良く展開して
ピアノの楽しみをお伝えしたいと思います。

如何でしょうか(^○^)?



おやつ




ご存知「こんにゃくゼリー」の
季節限定商品
「冬の苺ミルク」~

お弁当に添えるデザートにお奨めです。

試してみたら
しっかり甘酸っぱくて
ひとつでも
かなり満足できます。



デカサンド




やはり
サラダだけでは
腹持ちが悪いし

腹持ちが悪ければ
スナック菓子などに
つい手が出るというもの。

サラダには
クロワッサンサンドを添えて持たせました。

ハムを切らしていたので
ベーコンをカリカリに焼いてチーズとサンド。

ボリュームたっぷりになりましたww

ワックスペーパーで
袋を作り
デリサンドのように包めば
コストコのクロワッサンも
そこそこ美味しそうに見えます。



ダイエット弁当




お年頃の娘ちゃん^^

「食べてないのに肥る!」と不満げ。

スナック菓子は止めなさぁ~い。

「新陳代謝が落ちたんだ!」

いえいえ
貴女の年代では
そんなことはありませんよ。

「だって給食のカレー
いつもお代わりするのに
最近は一杯しか食べないんだよぉ。」

食べ過ぎだって^^;

今日は
給食がないというので
サラダ弁当を作って持たせました。





この
秘密兵器みたいなプラスチック容器は
フライングタイガーで買ったもの。

蓋の丸い部分に
ドレッシングを入れて
サラダなどを持ち運べます。

横にフォークまでついた優れもの。

問題は
チープなので
ドレッシングの液漏れがしやすい点。

なるべく
横に倒さないように
持ち運びましょう~ww




電飾推進派




家のお婆ちゃん

普段は
「節電」とか言って
家中の電気を消して歩いていますが。。。

クリスマスとなると
がぜん
電飾に張り切ります^^;

誰も居ない廊下にまで
陶器の家を並べて電飾してます。

誰も
閲覧する人がいないのでは仕方がないので
生徒が来るたびに
「廊下見てきて!」と誘ってますww




繁忙期




クリスマスシーズンに向けて
ドレスのお仕事は
繁忙期に入ってきました。

ピアノのお仕事も
忙しい時期なので
毎日
とても充実しています。

ふわっふわの
ドレスはウォーターメロン色のドレスに
淡いシャンパンのサシェを合わせました。

かわゆい

http://item.rakuten.co.jp/verygene/ccd06032/




紺色のワンピドレスは
ベリージェネでは珍しい袖つきタイプ。

襟元の花にパールビーズが上品。

タフタ生地の光沢感も
素敵です~

http://item.rakuten.co.jp/verygene/ccd06045/





キュートな
パープルのドレスは
モデル画像ではロング丈ですが
膝下丈に変更した作品例です。

背中にならんだ花が
ちょっとしたドラマを後姿に演出します。

大人っぽいパープルも
パールピンクとあわせれば
甘くなります

http://item.rakuten.co.jp/verygene/ccd06002/




こちらは
子供ドレスには珍しいAラインの
都会的なお洒落ドレスです。

シャンパンの色合いが
とても落着いた雰囲気を醸し出しています

http://item.rakuten.co.jp/verygene/ccd06008/



アレンジ



上のドレスを
少しアレンジして雰囲気を変えてみました。

おなかの赤い花を取り去り
上半身にはベージュのレースを貼り付けて
白のパールビーズを散らしました。

背中のリボンと
肩にはオフホワイト花を加え
パールでとめてみたので
ぐっとアンティークな雰囲気に仕立てあがりました。





我ながら
高級感漂い良い感じに仕立てあがりました。

天才^^!

試着してみて
肩紐は
長かったら摘んであげてください。

お手元に届くまで
もう少し待っていてくださいね。






ミックス粉




これは便利!

昭和産業製粉社の商品
「丸めて焼くだけ・もちもちパンミックス」

発酵いらないので
粉を牛乳&玉子液と混ぜたら
すぐに焼けます。


作ってみたら
これが案外美味しかったんですよ。

家のおばあちゃんのお友達に
昭和産業のお偉いさんがいらして
ミックス粉などを頂くので
色々と試しています。

昭和の
ホットケーキミックスもかなりお奨めです。





作ってみたのは3種類も調理パン。

ソーセージ
明太マヨにゴマ
ピーナッツバターにジャム

簡単で失敗しないので
子供と作っても良いかもです。





ザクロ




正しいザクロの剥き方ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

十文字に浅く切れ目を入れて
水に一時間ほどつけておく。





水の中で剥くと
ホロホロっとほぐれていきます。

ザルにあげ
水気を切って出来上がり!





ザクロを
グラノラ&ヨーグルトにかけて(^○^)

種も一緒に
グラノラと混ざって
ボリボリと食べれます(笑)





クイックランチ




「お腹へってたの。」

訪ねてきた友人に
ケーキ&お茶を出したら
お腹が空いていると言う。

聞いてみたら
2時過ぎなのに
お昼がまだと言うので

急いで
ランチプレート作りました。

大振りのクロワッサンに
カマンベールチーズ
パストラミのハム
サラダ
オリーブを添えて
ワンプレートに盛り付け。

セルフのサンドウィッチ式。

料理と言うよりは
盛り合わせただけですがww

簡単&即効で
美味しい
お膳が用意できるので良い方法でした。




出会い




こうして
各地を回る仕事していると
様々な出会いに恵まれます。

人との出会いがあるのも
仕事に張り合いが出ます。

もともと
人見知りの気があるので
(信じがたいでしょうがww)
知らない土地で
知らない人たちの中での仕事は
打ち解けることが難しいところもあります。

しかし
慣れって恐ろしいもので
今や
どこへでも出向き
誰とでも仲良くお仕事したりします。

自分の一回きりの人生だから
お仕事も
出会いも
旅も
楽しめたら良いなっと前向き^^!

そして
日々の様子の断片を
こうしてSNSで
皆さんとシェアできるのも
かつてはなかったコミニュケーション方法なんですよね。

旅にお付き合いくださり
ありがとうございました。






アトラクション




長崎ハウステンボスは
ディズニーランドなどに比べたら
ちょっと昭和臭くて
素人臭漂うところも多々あるのですが。。。

それが
かえってほっこりとして良かったりします。

アトラクションも
自前で楽しむものが多いです。



たとえば
「お絵かき水族館」は
くらげや魚の絵柄の中から好きなものを選んで
クレヨンで色づけする。

出来上がった塗り絵を
係員に渡すと

読み取って動画にしてくれます。

壁一面の大きなスクリーンに映し出された塗り絵は
生き生きと泳ぎ出して
なんだか楽しくなります。




だまし絵的な
3Dアートもそのひとつ。

まぁ
このアトラクションは
日本各地でも見られますが
家族や
友人と
撮影しあっては
ワイワイと盛り上がれます。

ホラーゾーンには
お化け屋敷がいくつもあり
「怖さのグレード」によって
チャレンジできます。

ちなみに
一番怖くないお化け屋敷に挑戦しましたが
これは
半分「お笑い劇場」みたいなお化け屋敷でした。

ドキドキして損した^^;

園内は
冬でもお花もが麗に咲いていますし
チャンスがありましたら
皆様も
是非たずねられることをお勧めします^^




お土産



朝から
午後の3時まで
一日たっぷりとハウステンボスで遊んで
友人の車で
福岡空港に送ってもらいました。

お土産も
チョコだの
チーズケーキだのと
たっぷり買い込みました

夜の8時半には
羽田に着くというのですから
世の中
随分と早く移動できるようになりました。




長崎への旅は
福岡在住の友人
千恵先生が案内してくださったので

いつもの一人旅とは違い
テンションも上がり
いろいろ楽しめました
ありがとう~!

また
会える日まで
お互いに頑張ろうね^^









チーズラーメン




福岡のラーメン有名店「二男坊」が
長崎ハウステンボスに出店しています。

「二男坊」と書いて
次男坊と読ませるんだそうです。

ここでは
一風変った
オランダのチーズとコラボした
「チーズラーメン」なるものを提供しています。

とんこつベースの味噌ラーメンに
たっぷり~と粉チーズがかかり
コーンのトッピングが絶妙なお味。

それはそれは濃厚なお味でした。

とても美味しかったのですが
味が濃かったので
後から
水をがぶ飲みするというおまけつきww










クリスマス




ハウステンボスの園内を歩けば
まるでヨーロッパの町並みに
佇むようです^^

園内は
どこもかしこも
クリスマス仕様に飾られていました。


ぽかぽか陽気に映え
綺麗に彩られていました。




一足早い
クリスマス気分に大満足!







晴れ




長崎の旅が
最終日の今日

天気予報では
雨模様でしたが…

幸運にも
晴れてくれました。

夕べに引き続き
長崎はハウステンボスで友人と遊んで
午後から帰路につきます。

平日とあって
園内は
ちょっと寂しいくらいに空いていたのですが
どのアトラクションも待ち時間はなく
のんびり~と楽しめました。

これだけの施設
もったいないなぁ~って
誰しもが思いますよ。







光るカクテル




イルミネーションは
グラスの中にまで(((o(*゚▽゚*)o)))!

何でも
水に触れると発光する
プラスチックのキューブがあるんだそうです。

途端に欲しくなり
「これ売って!」と(笑)

「通販で買えます」と
やんわり
かわされてしまいました。

そこで
家に帰ってから検索してみたら
楽天でも
アマゾンでも売ってました^^
http://item.rakuten.co.jp/utsunomiya/k87209/#cubesc6order


ハウステンボス




長崎市内から
高速を
車で約一時間ほどで
ハウステンボスに着きます。

長崎市内での
インカニャンのコンサートが終演してから
ハウステンボスの夜景を目指しました。

ハウステンボスに滑り込んだ頃は
既に
8時にはなっていましたが
閉園は10時だったので
たっぷり2時間
イルミネーションを楽しめました。

それは
それは幻想的で…





広い園内は
いたるところが
イルミネーションに包まれ

すっかり
光に溶け込みそうになりました。





辺りは
クリスマスムードに包まれて

また
長崎は温かいので
夜間の散策も気持ちよかったですよ(*☻-☻*)




インカニャン



夕方からは
ペルーのフォークロールグループ
インカニャンのコンサートが
長崎放送局内にある
スタジオにて開催され
聴きに行ってきました。

余り
聴き慣れない音楽なので
始めは
観客席に座りながらも
戸惑いを覚えましたが

彼等の
演奏に次第に惹かれ
演奏会が終わる頃には
すっかりノリノリにヾ(@⌒ー⌒@)ノ

音楽と共に語られる
ペルーの現状にも
心を砕かれました。

貧しい暮らしに耐える
ペルーの子供達。

行き届かないのは教育どころか
臓器売買の犠牲にもなっているというのですから…

絶句します。

インカニャン
彼等の活動により
少しでも
援助が出来たらと思えたのでした。







茶碗蒸し




長崎名物と言えば
ちゃんぽん
皿うどんですが…

長崎に詳しい友人の案内で
大振り茶碗蒸しを
吉宗(よっそう)にて頂いて来ました。

この老舗料亭
「吉宗」は靴を脱いで上がるのですが
下足番のオジさんがいるのだから
風情があります。

小丼のサイズはある
大きな茶碗蒸しは
具だくさんで
とても美味しかったですよ(*☻-☻*)!











グラバー邸




グラバー邸は
学生時代
修学旅行に来て以来の来訪。

外に設えられた
エスカレーターが
当時、斬新で
今でも覚えていました。

長いエスカレーターと思っていたのに

何十年振りかに見たエスカレーターは
「こんなもんか?」と思える長さでした。

まぁ
当時
小さな自分には
スゴく格好良く思えたのでしょうね(^.^)


レプリカ




大浦天主堂を訪ねた後は
横にある
グラバー邸を散策。

画像は
明治33年に作られた
公衆電話ボックスのレプリカ。

えらいオシャレ(^_^)☆

もちろん
使えます。

何処かに
掛けてみたくなる。

しかし…

問題は
テレフォンカードなんて
今時持ち歩く人などいないんじゃない?




大浦天主堂




長崎での
コンクール審査の
お仕事を無事に終えて…

翌日は
友人と合流して
長崎観光楽しみましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

先ずは
大浦天主堂。

国宝の建造物は
キリシタン迫害の歴史を伝承する
歴史的な木造教会です。

ゴシック様式の天井に
ステンドグラスの窓

しばし
教会内のベンチに腰掛けていると
真摯な気持ちになります。











九州新聞社ピアノコンクール
長崎第二次予選の審査で
ご一緒させて頂いた
先生方との記念撮影~( ´ ▽ ` )ノ


長身のお二人
関野直樹先生と
新納洋介先生に挟まれ
小さな…

っていうか
年の功もあり
お二人を従えた姉さんみたく
写っておりますが^_^;

一日
仲良く審査に当たらせて頂きました。

著名なピアニストであられる
お二方。

これからのご活躍
期待しております。




プロフィール

鈴木直美

Author:鈴木直美
ピアニスト、指導者として活動中。
Suzuki Piano School主催。
VERY GENE ドレスショップオーナーを務める。

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブログカウンター