マフラー




テディベアとくれば
やはりボーダー柄のマフラーでしょうかね。

二色の粘土を
薄く伸ばして
生地に見立てて作りました。

端のフリンジは
小さなはさみで
息を止めて切り込みを入れると
こうなりますww


さて。。。

昨日
バイトの面接に行ってきた息子。

家の中で
ぶらぶら~しているので
「バイトでもしなよ!」っと
お尻をたたいていたら
ようやく動いた。

今度は
塾の講師にチャレンジするそうだ。


「あんた
何の教科を教えるの?」

「数学と英語。」

理系男子の彼に
数学は分かるにしても
英語かいっ?

アメリカ生まれの癖に
英語が得意とは
ついぞ聞いたことはなかった^^;

「大丈夫なの?」

てっきり
小学生レベルを教えるのかと思っていた。

帰宅した息子に
「何年生を教えるの?」と聞けば
「高校生」と言う。

お~いい!

大丈夫かぁ?



スポンサーサイト

ケープ




テディベアを作る!

そうと宣言したからには。。。

夜な夜な
せっせと粘土をこねては
製作に励んでおります。

昨晩は
ケープをまとったテディってのが
頭の中にイメージとして
強く浮かんできたのです。

沸いたイメージを形にすべく
「あ~でもない。こうでもない。。。」っと
試行錯誤を繰り替えしていました。

それでも粘土は
まぁまぁ
思い通りの形になります。

人生において
たいていのことは
思ったようには進まないので。。。

まぁ
癒されてるのかもね^^








バケツプリン




久々に
炊飯器でプリンを作りました。

材料を混ぜて
お釜にいれ
放置しておけばできるので
簡単です。

ただし
数時間ご飯が炊けないのが難点^^;


【材料】

砂糖 40g
水 大さじ1
湯 大さじ2

牛乳 400cc
生クリーム 200cc
砂糖 90g
卵 6個
バニラエッセンス 適宜


●鍋に砂糖40gと水大さじ1を入れ、火にかけてキャラメル色になるまで焦がす
●茶色くなったら湯大さじ2を入れ、はねるので素早く蓋をする
●お釜に入れる。固まってもいいのだ

●鍋に牛乳&生クリーム、砂糖を入れて煮溶かす。余り暖めなくてOK
●溶いた卵を少しずつ混ぜ、バニラエッセンスを加える。
●ザルなどで漉しながらお釜に入れる。表面の泡はすくい取る。
●保温で5時間放置
●ゆるゆるでも表面が触ってみたらフルーチェ状態ならOK
●冷蔵庫で冷やす
●お皿に出すときは、平たい皿を水で濡らしてから抑えるようにして逆さに返すと
プリンが崩れるという悲劇は防げる。


まぁ
崩れても
プリンはプリンですので
お味は美味しく食べられます。


ホワイト




すご~く素敵!

http://item.rakuten.co.jp/verygene/ccd00022/

やはり
白いドレスって
格別なものがあります。

今日は
ドレスの入荷が重なって
朝から出荷に追われていました。

今週末
ドレスが到着するかどうか
首を長くしてお待ちのお嬢さん。

もうちょっと待っていてね。

早ければ明日には到着します。



合体




この鮮やかな衣装は
合体デザインでお作りしました。

スカートはオリジナルのデザインのまま

http://item.rakuten.co.jp/verygene/ccd06034/

上半身は
着易いようにと
ランニングタイプに変更してあります。

そんな
自分に合ったデザインを描けるのも
ドレスを作るときの楽しみです。




春ドレス




春到来を
待ちわびる今日この頃。

そんな季節に
ぴったりなドレスが仕立てあがりました。

http://item.rakuten.co.jp/verygene/ccd00004/

花の中心には
せっせとビーズやスパンコールを
縫い足して置きました。

きっと
ちらりキラリと輝いて
舞台栄えすることでしょう。


テディベア




っということで
しばらくはテディベアに
ハマってみようかと思います。

さて
八月の門下生有志による演奏会。

出演者は
プログラムを週末までに
正確に記載して送ってくださいな。

名前と共に
学校名、学年も忘れずに。

朝の風景




何事も
繰り返えしの練習ですな。

次第に
味のあるクマちゃんに仕上がってきました。

夜な夜な
作った粘土のクマちゃんを
朝になって
「ほぅ~」っと眺めるのが
楽しい瞬間になっいます。

このクマは
友人が「ヴィンテージのテディを入手した」と
Facebookに挙げていたので
「ほぉ~」っと
感心して
画像を真似て製作してみたものです。





課題曲





PTNAピアノ・コンペティション課題曲の要項が
今日届きました。

毎年
膨大な楽譜の中から
課題曲を見つけ出す作業が
とてもとても大変なのです。

しかも
毎年
蔵書を増やしているというのに
まだ足りない楽譜が何冊かある。。。

この作業を
「えいやっ!」っと片付けながら
「また、この季節がめぐってきたなぁ~」っと
思うわけです。

今年も
コンペにチャレンジしたい生徒ちゃんは
自己申告しましょう。

コンクールは
先生に頼まれて参加するものではありませんからね。

自分で挑戦したいという気持ちがあれば
全力で応援しますよ。


合格




東京音大の
合格発表の日でした。

朝から
そわそわ
気になって仕方ない。

11時なっても
一向に連絡がないので
しびれを切らして生徒にメールしてみた。

「発表は?」

「1時半からです。」

あっ。。。ごめん。

流石に
生徒ちゃんは
合格結果が出て
すぐに連絡くれました。

「先生のお陰で合格しました。」

「そうよ!」

「ありがとうございます。」

「私に足向けて寝るな。」

「はい!拝みながら寝ます!」

いや。。。

拝まなくっていいから(笑)

合格できて
良かったね。





とことん




「大研究」のト書きに
「始めたらとことん追求する性格」と
自己アピール文が掲載されていて
それを見て
我ながら
「言い当てているなぁ」と笑ってしまいました。

最近の
コラム観たら。。。

クマのことしか
書いてなかった(笑)

サイン会




浜離宮での
課題曲説明会の昼休みに
ピアノ教室運営「大研究」の
発売記念イベントとして(?)

ロビーで
サイン会が開催されることになりました。

私のサインなど
欲しい方が
いらっしゃるとは思えませんが。。。

良かったら
顔を見にいらして下さい。


テディ




テディーベア
作ってみました。

どうってことないことに
時間を割けることは
幸せなんだと思います。


野望




次なる野望。

クマさんの写真集出版^^;

誰も買わないよね。。。

今時の大学生は
卒業旅行と称して
海外なんかに行くんだねぇ。

それを
話題にしたら
「あらっ?!
私たちだって卒業旅行い
友達と行きましたよ」って
ママ友達から返されたーー;

ふ~ん。。。

そういえば
昔っから独りが好きな変人だったなぁ。







模倣




今日は
クレイアートのお稽古の日でした。

もこもこした毛並みの
ダッフィーちゃん&シェリーメイちゃんにチャレンジ!

これは
思ったより大変な作業でした。

何が難しいって。。。

既存のキャラクターに
似せることは
オリジナルを創ることよりも
困難なことだったんです。

やってみないと
分からないことってあるんだねぇ^^







海外土産




大学生の
生徒ちゃんが
友達とシンガポールに遊びに行ったお土産にとくれた
香水の小瓶。

エスニックなテイストの
ガラスの小瓶に
イマジネーションが沸きます。

素敵な小瓶の横に置いて
似合うクマさんを
早速、創作してみました。

本当は
おへそを出した
ベリーダンサーを作りたかったのですが。。。

クマには
「くびれ」がないため難しく
結局
「姫」を創作しました^^;





入浴クマ




久々に
創作粘土を再開しました。

このところ
東北へ旅に出たり
税務署に行ったり
雪で滞っていたレッスンの振り替えにと。。。

なにかと
忙しかったので
粘土に触っている場合ではなかったのですよ。

さて
本日の作品は
「入浴クマ」でございます。

綿をほぐして
石鹸泡に見立てた感じがハマッたね!




カスタム




レッスンの合間に
ブライスちゃんのカスタムメイドに
挑戦していました。

つい先日
娘ちゃんに買ってあげたブライス人形が
長いこと放置されているのを
発掘して
レッスン室に飾ったんです。

写メを撮ってみたら
プラスチックのブライスちゃん
お顔がテカテカに光っていたのが気になりましたーー;

そこで!

理系息子の部屋から
「スポンジやすり」を持ち出して
ブライスちゃんの
お顔を研磨してみました。

ごしごし。。。

見る見るうちに
マットな肌になって
あら
可愛らしい~



こうなると
衣装にも懲りたくなります。

ザクザク




大きな板チョコは
包丁で
ザックザクと切って。。。

四角いスコーンに焼き上げました。

なんと20個も作った!

昼間のレッスンでは
生徒ちゃんたちへのお持ち帰り。

夕方からは
ソルフェージュの授業があったので
生徒ちゃんたちの
お茶菓子にと振舞いました。

完売!

特大サイズ




ハーシーズの
大きなチョコレート。

画像では
どれだけ大きいか分からないと思いますが。。。

198gと
パッケージに記載されているのが分かりますか?

普通の板チョコが
55gですので
約4枚分です。

これを
バレンタインに頂いたので
今日は
早速活用してみました。

発表会




今日は
娘ちゃんの
以前師事していた先生の発表会でした。

発表会に参加した娘ちゃんは
私のドレスを着ての出演。

サイズが
ピッタリなのにビックリ!

いつの間にか
女の子らしくなっていたのねぇ。

演奏後に
「どうだった?」と聞いてきた。

「良かったよ。
でも、聞かせどころは
もう少し伸び伸びとしてもいいんじゃない?」

「無理!」

「あっ。。。そうーー;」

生意気は
相変わらずでしたが
お疲れ様でした。




恩師




Facebookしていますか?

SNSには
様々な
良い面
悪い面とあるかとは思いますが。。。

今日は
イースタン・ミシガン州立大学で
お世話になった
ガーツ教授と奥様グロリアの
お元気そうな姿を
偶然Facebookで見かけました。

「君は
そこそこのピアニストになって
活躍するだろうから」と
勇気をくれたガーツ氏と出会わなかったら
今の私はいません。

演奏力など
まったく無かった当時の私に
彼の一言一言が
どれだけの希望を与えてくれたか。

「それなりに活躍の場を見つける。」

そうも
仰ってくださいました。

音楽は
一か八かの世界。

小さな頃に芽が出なくては
立身出世などはしない。

そう言われ続けてきた
「ダメ人間」の私は
初めて認められことに
戸惑いを覚えたものでした。

まぁ
ガーツ氏は
門下生の皆に
同じように言っては
勇気を与えていましたけどね。

彼のもとでピアノを弾いていたのは
25年以上も前のこと。

先日
80歳の誕生日を迎えられたガーツ氏。

この写真を見て
彼の変わらぬ優しさと
あれから随分と
時が流れたことを思わずにはいられませんでした。

遺された時間は限られつつある。

逢いに行くべきか。。。

そう
考えながらも
きっと私は
そっと思い出を抱いたままでいるんだろうな。

ピアノって
弾いてしまえば
過去のものになり
何も残らないと思っていたけれど。。。

人の心に
深く刻まれるものは
確かにある。



掲載




帰宅してみれば
PTNAの会報誌「Our Music」が届いていました。

これ!

あたし!

成東のぎくプラザホールで
毎年10月に開催される
ハロウィーン・ステップを
取り上げてくださり
記事にしてくださいました。

成東ステップも
すでに8年開催しています。

ハロウィーンの時節柄
仮装もOKという
このステップは
舞台で演奏する楽しみを推奨するエネルギーに溢れていると
関心を持って下さいました。

何事も
こつこつと継続することで
認められることもあると
またまた実感したのでした。

始めないと
始まらないものね!






こってり




税務署に出向いた後は
娘ちゃん、おばあちゃん、妹の
女四人でかしましく
酒々井のアウトレットに出向きました。

税務処理を手伝ってくれた妹に
プレゼントを買い

って言うか
買わされ

その後は
スタバでお茶。

寒い中
戸外を歩いたので
こってり甘い~ドリンクを楽しみました。






ポスター




今日
税務署に出向いて
一番驚いたことは。。。

ポスターが
デン!っと、貼られていたことです^^;

今日
税務署に出向いて
一番心外だったことは。。。

だぁれも
これが私だと気づかなかったことですーー;


納税




今日は
申告に行きました。

面倒くさぁいーー;

この面倒な作業も
病院の会計事務をしている
妹がサクサクっと手伝ってくれています。

私は。。。

本当に
周りに助けられているんですよ。

メンバー




スプラウト・コンサート
出演者募集の声をかけましたところ
続々申し出があり
すでに以下のメンバーの
出演が決まっています。

日程は8月17日(日)
★8月13日(水)リハーサル

会場は
共に成東文化会館小ホールにて


鈴木しおん(fl)
針生みなみ
西郡うらら
深山ひまわり
宮崎みほ
藤村るみな
内山さゆり
田原りか
大田みゆ
森川まい

以上で
出演者募集〆切ました。





購読




インタビュー記事が記載された読本
「生徒を伸ばす!ピアノ教室運営大研究」
出版されたことは
すでにお知らせしました。

こちらの本は
まとめて購入することにしました。

購読希望の方は
お申し出ください。


スプラウト募集




さて
早いもので
また
夏のお盆恒例のコンサート
スプラウト・コンサートの
お誘いの時期がやってきました。

10名のみが参加できます。

20分間
聞く人を飽きさせずに
演奏できる!

勇者は
お申し出ください。

定員になり次第
締め切ります。


演目の提出は
チラシ作成の都合上
3月3日までです。


高級




「かもめの玉子」って
もちろんご存知ですよね。

その
「かもめ」に豪華バージョンの
お目見えです。

黄味餡に
栗が包まれ
金粉まで付いているんですよ。

盛岡のお友達に
「あれ食べてみたい」って言ったら
お土産に頂いちゃいました。

あっ!

「言っちゃったっ」と恐縮^^;

早速
ありがたく頂きました。

極上のお味でした。


プロフィール

鈴木直美

Author:鈴木直美
ピアニスト、指導者として活動中。
Suzuki Piano School主催

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブログカウンター