仙台すずめ




朝方に
仙台市郊外の青葉城は
こんな法被姿の女の子たちで賑わっていました。

地元の夏祭り
「青葉祭」に向けて
練習かな~?

イベントがあるのかな?

楽しそうで良いわね。

世間は間もなくやってくる
夏に向けて浮足立っている中、
仙台中央中期地区予選の審査を
無事に終えました。

参加者は
全部で60に少し欠けるくらいの
コンパクトなサイズでした。

午前と午後の
計二回
今や掲示発表が主流となりつつあるのに
仙台中央中期では講評がありました。

皆さんの前で
お話しさせて頂けたので
当日のコンペを聴いて
思うことを少し伝えることが出来ました。

舞台での
結果発表とか講評って
運営側からすれば
時間かかかり厄介になりますが、
舞台で演奏した子供たちに
実際接することが出来る
唯一の機会になるんだよね。
スポンサーサイト

あかね色



 
仙台は
生憎の雨かぁ…(´・_・`)

ホテルに篭り
得意の検索で暇つぶし。

JR東日本の
秋田新幹線「スーパーこまち」は
2013年3月から運行しているようです。

…ってことは
おニューの車両に乗れたんだわ。

「スーパーこまち」E6系の車体は、
秋田の伝統行事「なまはげ」や
夏祭りの「竿灯」をイメージして
あかね色なんだそう。

普通車両の座席は
稲穂を思わせる黄金色。

ちなみに
全席指定です。

自由席はなし。

「スーパーこまち」は愛称。

ふ~ん(^ν^)


一人
こんなことばかりして
なにやってんだ私?

こ鉄ちゃん




秋田新幹線
ジャパンレッドの「スーパーこまち」に
乗れちゃいました。

途中の盛岡までは
東北新幹線の「はやて」にくっ付いて走る
秋田新幹線。

盛岡で車両を切り離す。

そこから
「はやて」は青森へ
「こまち」は秋田へとひた走る。

東京から盛岡までなら
連結して走るから
「こまち」か「はやて」の選択が出来ちゃうんです。

やはり
醍醐味は
連結部が離れる動作を眺めることだよね。

「こまち」が先に走っていたから
「はやて」を置き去りにして
ホームから走り去る姿を想像すると
格好良い女気を感じますなぁ。

でも
帰りは
またまたくっついちゃいちゃうんだから
元のサヤに戻っちゃうみたいな?

途中下車だったから
切り離す作業が見れなかった。


相鉄線の連結部を切り離す作業は
手作業でしたよ。

スゴイな~っと
ホームから見入っていたものです。

「こまちの切り離しみたかったな。
うーん残念…」って
「こ鉄ちゃん」になりかけてるかも…笑

こまち




で…
今日は東北に向かっております。


こまち。。。

ラッキーなことに
「スーパーこまち」に乗車なう。

中国の
縦横に伸びる新幹線は
平気で軽く時速300キロを超えて走る。

新幹線のことを
高鉄と中国では呼びます。

高速鉄道の略だね。

中国のビュンビュン飛ばす
高鉄に比べ
東北新幹線は実に穏やか…

来年までに
従来のE3系の275キロから
新型車両に入れ替えされ
軒並み300キロは出るようになるらしいです。

…って言うか
これは
乗り心地良い特急だろっ(~_~;)

車内で
鳴り響く携帯の着信音が
家のおばあちゃんのと同じだった…笑

枠外




お姉ちゃんのお迎えに
剣道着で現れた
我が愛しの「タケちゃん」です。

おぃ!
凛々しいじゃないの!

「写真撮るから
ポーズとってよ。」

そう言ったら
おもいっきり「メン!」と
動いたので
写メの枠外に出てしまいました^^;

ちっとも
練習してこないタケちゃん。

怒られつつ
ここまで何とかピアノを続けてきました。

きっと
剣道でも
「ちんたらするなぁ<`ヘ´>!」っと
怒られているんだろうな。

あはは。

まぁ
大人ってのは
自分のペースで
または
まれにいるテキパキした子供を基準に
スピードを計るからね。

その子供には
その子のスピードがある。


仕様




こちらは
同じデザインですが
違うカラーでお作りしたキッズドレスです。

http://item.rakuten.co.jp/verygene/ccd01004/

ホワイトドレスの方は
バイオリンを嗜むお嬢様のためにお作りしたので
胸元のビーズは楽器を痛めるので外し
代わりに
ウェストの上にキラキラっと散らしてみました。

この画像は
後姿ですが
ひとつ前のコラムに
前面の画像が入っています。





トークコンサート徳之島



トークコンサート・イン・徳之島!(^^)!

11月9日(土)に
鹿児島県は徳之島でのステップに
相棒の白石照男先生との
連弾トークコンサートによんで頂きました。

懐かしいなぁ~。

徳之島は
以前にもお邪魔して
「楽園」みたいな環境に
感動したことはコラムにも書きました。

夕方に見かける
牛のお散歩。

コバルトブルーの海。

誰もいない
白い砂浜。

話しかけると
逃げていく子供達。

サトウキビの畑から見下ろす
海岸線。

お茶菓子に摘まむ黒糖。

優しい指宿先生とも
二年ぶりに
またお会いできる。

きゃ~!

いまから楽しみ!(^^)!

おっと
盛り上がっていないで
プログラム組み立てましたので
列記しておきます。


タイトルは
「連弾でピアノあそび」で20分の舞台内容です。


:::::::::::::::::::::::::::::::::

【プログラム】

●ロンディーノ        ハジェフ     01:30

●小さなメドレー       春畑セロリ    03:00
「バッハの有名な旋律による」

●クシコスポスト       ネッケ      03:00
(応用6課題)

●めだかのがっこう    中田喜直      01:10

●汽車は走るよ      中田喜直      02:45

「ブルグミュラーファンタジー」より三曲   宮本満栄編曲
●ダンシング・オン・ザ・ストリート 01:22
(すなおな心)

●皿洗いのラグ     01:10
(進歩)

●早春    01;05
(無邪気)



アンコールに
●ドレミのうた   羽田健太郎編曲

::::::::::::::::::::::::::::::::::::


以上
全部で9曲になります。

徳之島ステップは
連弾を楽しむ参加者が多いと伺い
皆さんに馴染みのある小曲。
子供達も弾けるレベルの連弾曲を選択しました。

フラッシュ




オーナーを務める
ドレスショップ「ベリージェネ」のヘッダーが変わりました。

こちらフラッシュという技法を使って
画像がくるりくるりと変わるんです。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/verygene/

見てみてね。

店舗を構えないネットショップでは
店先のディスプレイを変えるように
ホームページの更新は
常に必要なんです。

ドレスショップを手掛けて
丸二年経ちました。

「思い描いたことが形になるのは素晴らしい。」

「まだ潰れていないのがスゴイ!」

「好きねぇ。。。」

「とことんやってください。」


などなど
起業当初
「なにをやろうとしてんだ?この人は?」と
いぶかしく思われていた方々も
暖かい目で応援して下さっています。

正に紆余曲折でした。

良いこと
嬉しいことと
同じ数だけの
失敗と心痛は味わってきました。

ピアノを習っている子供達へ
様々な可能性を
広げてもらいたいと
これからも
出来るところまで頑張りますよぉ!(^^)!

懸命

何ごとも
これしかないよね。





回復剤




一晩寝たら
大分と回復しましたよ~(●^o^●)

あぁ
びっくりした。

たまぁに
熱出すんですよ。
溜まったエネルギーの放出というか?

年配の
知恵熱というか?

食欲は
戻らないので
取りあえず
クリームあんみつで
栄養補給。

フルーツ
たんまり摂りました。

自覚はないのですが
どうやら
甘いもの好きらしいってことは
皆さんが
「毎日甘いものは食べない」って聞いて驚いたからかなぁ?

三食
甘味は欠かさないので^^;





ダウン




鉄壁な健康体を誇る私にも
具合の悪くなる時ってあるんですよぉ(=_=)

花粉症の症状から始まり
今日レッスンが終わるころには
悪寒で具合が悪くなりました。。。

ですので
今日は早く休みますね。



再襲来




春先に悩まされた「花粉症」が
このところ
収まったかと思いきゃ。。。

クシャミと
鼻水が
再び襲ってきました。

特に鼻水はマズイ(@_@;)

自分の意思に反して
ダラダラ~っと
水のように
流れ出るんですからね。

はぁ。。。

この時期に
何のアレルギーなんだろう?

レッスン中に
「年中アレルギーなんだ…」と
ため息ついていたら
「ハウスダストじゃないですか?」と生徒。

それを聞いた
お母さんの焦ること焦ること(*^_^*)

あはは。。。

前向き




人生
たいていのことは
上手くいかないもんです。

だからこそ
前向きにいきましょうヽ(^。^)ノ

人との付き合いは
波風立てずに。

舞い込んだ仕事は
ありがたく受け。

他人には優しく
自分にはさらに甘く。

本音と
建て前は使い分け。

いつも笑顔でいることです。

大嫌いなのは
マイナス思考。

避けたいのは
同情に甘えること。

自分が可哀そうと思うのもNGです。

もちろん
そうは言っても凹んだ時は
お洒落をして
美味しい物を食べにでかけます。

そんな時に
自画自賛は
特効薬かな~(●^o^●)

肉味噌



これは
簡単で美味しい「肉みそ」です。

美人で料理上手と噂の
中田穂波先生に教えてもらいました。

つい先日も
同じレシピ紹介しましたが
好評でしたのでリピ!

生姜とねぎの粗みじん切りたっぷりを
油でいため
ひき肉を入れてさらに炒める
ハチミツ、味噌、醤油を1:1:1で味付け。
私は少し酒を入れました。

ご飯にかけても
素麺や蕎麦にも合うんだよぉ。

常備しておけば
子供達は
これだけでご飯が食べれます!(^^)!



ハニーバター




大雨の中
コストコに買い出し~!(^^)!

今日のお薦め食材は
ハニーバターに
クルミとレーズンのパン
佐藤錦風のアメリカンチェリー
熊本産のスイカは今年の初物
アップルマンゴーに
チーズピザ
黒こしょうがメチャきいたサラミなどなど。

たっぷり果物食べれるのは
嬉しいねぇ~。



手作り




ねっ!(^^)!

シンプルな上半身のデザインに
チョーカーでリズムが付きました。

何ごとにも
ムキになる性格なんで
しばらくは
針を片手に「創作意欲」に燃えます^^;


チョーカー




お客様のドレスに合わせて
チョーカーを作ってみました。

これは
簡単なので
興味があったら作ってみてください。

幅広のリボンの真ん中を
くしゅくしゅと縫い縮め
細めのリボンに縫いつけます。

ここでは
ベルベットのリボンを使っています。

針箱の中に眠っていたボタンを
正面から
ちょっとずらして縫いつけたら
出来上がり。

後ろは
金具とチェーンで
留められるようにしてありますが
細いリボンを延長して
リボン結びでも良いかも。

嗜好




子供の頃は
蕎麦は苦手で
もっぱら
うどん派。

若い頃は
和菓子より洋菓子。

お刺身より
ハンバーグ。

コーヒーより
カルピスで

カラメルプリンより
プッチンプリンが美味いと思っていました。

嗜好って
変るものなんですよ。

息子が
これ「安くてメチャ美味い」と買ってきたのは
山崎パンの「ふ」とかいう
洋風どらやき。

商品名は「ふ」ふわふわスフレ。

カステラ生地に
たっぷりの生クリームとカスタード。

怖いことに
カロリー表記が無い!

確かに安いことは安い。

一個100円で
ずっしりと食べごたえがある。

「どう?美味いでしょう?」

警備のバイトで稼いだお金で
買ってきたいうのだから
申訳ないので
「うっぷりっ(*_*)」しながら
朝ご飯に食べた。

ゴチ!


職種




ウェストあたりに
たっぷりと
お花をあしらったドレスはこちらです。

可愛いね~!(^^)!

さて
今日娘は風邪をひいて学校を休みました。

お医者さんに連れて行ったところ
何故か
とてつもなく不機嫌だったお医者さんは
「私はアレルギーではないでしょうか?」と尋ねた娘に
こう応えたそうです。

「なんの
アレルギーか分かんなきゃ調べようがないよ( 一一)」

「はぁ。。。」

「今回は
ただの風邪でいいよ」ですって。

ついでに
足の「巻き爪」が痛いと言うと
「爪を深く切らなきゃいいんだよ」だと(ーー゛)

それでも商売になるってんだから
すごいなぁ。

これを
ピアノ指導にあてはめれば
「この曲弾けるでしょうか?」

「弾いてこなきゃ分からないよ。」

「音が出ないんですけど。。。」

「叩きゃ~良いんだよ」みたいな?

この態度を
ドレス販売に例えたなら
「このデザイン似合うでしょうか?」

「着て見なきゃわからないよ。」

「ウェストがきついんですけど。。。」

「痩せりゃ~良いんだよ」みたいな?


先生!
他の仕事なら
まずは干されますよぉ。



ヒロちゃん




3歳の頃から
ピアノを教えてきたヒロちゃん。

お母さまが
大のクラシック音楽ファンで
その夢を背負って音高に進学したヒロちゃん。

音高に入学してからは
レッスンには来ていませんでしたが
彼女の成長は
何かと気になるってものです。

早いもので
今年高3になり
卒業演奏会でドレスが必要になったとか。

ちょうど
あまっていた紫色のドレスがあったので
右の胸下から斜めに
お花をあしらってみました。

それだけでも
若々しくなったね!(^^)!

ドレスの仕事を始めて
色々なシーンで
子供達の晴れ舞台をサポートできることが
楽しいです。

その昔は
ボタン付けさえ面倒がっていたのにね^^;

このドレスを着て
演奏会に花を添えてください。

スケジュールが合えば
聴きに行きます。








水色




水色のドレスって
これからの時期に
とても可愛いです(^。^)y-.。o○

レイシ―スルーショルダードレスを
水い色でお作りして
レースは白のままに仕立てました。

爽やかな感じが
とてもいいですね。

http://item.rakuten.co.jp/verygene/ccd06022/

今週は
本来ならレッスンは
お休みなんですが。。。

コンペ最中とあっては
そうそう休めないってもんです。

忙しさ
加速中\(◎o◎)/!




粗食




ランチは
イタリアンだったので
夜は「お家ご飯」にしました。

いずれも
ささっと美味しく出来ます。

レシピを書いておきますので
試してみてください。


●肉みそ丼
肉みそを作って温かご飯にのせるだけ。
肉みそは
生姜&葱を炒め
ひき肉を加えて炒める。
ハチミツ、醤油、味噌を1:1:1で味付けする。

●セロリの浅漬け
筋をとり白だしに漬ける。
食べる前に少しイタリアンドレッシングをかける。

●キュウリの浅漬け
たたいたキュウリを
めんつゆ、酢、ごま油、生姜に漬ける。

●タラモサラダ
茹でて潰したジャガイモに
ほぐした明太子、レモン汁、マヨネーズ、胡椒で味付け。

●大根と豆のサラダ
粗い千切りした大根を塩でもむ
豆缶とツナ缶、胡麻ドレッシングとポン酢で和える。
しばらくすると水分が出るので
水分は切ってお皿に盛る。












問い合わせ




今日は
午後から「ソルフェージュ教室」だったので
ランチデートから帰るなり
急いで
チョコとクルミのスコーンを焼いておきました。

サイズは
子供達が食べやすいように
いつもに比べて小振りに。


さて
オーナーを務めるドレスショップ・ベリージェネでは
以下に
問い合わせ先を変更しました。

電話:0465-43ー8895

最近
インターネット電話に変更したところ
回線の繋がりが悪いので
やはり固定電話に戻しました。

お問い合わせの営業時間を
朝9時~18時までと拡張しました。

質問があられたら
是非
ご利用下さい(●^o^●)




おてんこ盛り




出掛けたのは
千葉市若葉区大宮町3094-6にある
イタリアンレストラン・ヴィタローザ
043-265-3129

http://tabelog.com/chiba/A1201/A120105/12028677/

オープンして
まだ間もないというレストランは
商売っ気がないんだか
宣伝はあまりしていないので
口コミで人気が出ているようです。

とても居心地の良い空間でいただく
旬の商材を使ったお料理に
「口コミの強さ」を思った次第です。

特にデザートプレートは
圧巻でしたね。

おてんこ盛りでしたもの!(^^)!

初デート




母娘三組で
ランチに行きました。

デートのお相手は
小さな頃から教えてきた高2の生徒さんに
そのママさん達。

それこそ
10年以上も
レッスンに通ってきてくれていたのに
プライベートで
一緒にお出掛けするのは
初めてのことかな~。

よく考えてみたら
生徒のことを
幼少のころからみてきましたが
反対に
彼らも
私の遍歴を見てくれていたことに気づきます。

教室を開いたばかりの頃のこと。

指導者として
経験を積んできた足跡。

演奏家として
少しづつ活動の場が広がってきた経緯。

審査員として
次第に各地に出向くようになったこと。

キャラ弁にハマっていた時期のこと。

突如
ドレスの作ることに興味を持ち
仕事として手を出し始めたこと。


私が
生徒達を見て
「ほぉ、成長したね!」と感慨にふけるように
彼らも
「先生も紆余曲折を重ねたなぁ」って
半ば呆れながらも
温かい眼差しで見てくれているんですよね。

考えてみたら
生徒達が
そしてママさん達が支えてきてくれた人生なんですよ。

ありがと!(^^)!






フライング




そうそう
コンペでの演奏時間について
警告です!

全てのことは
分刻みどころか
秒単位で決まっていると
以前にコラムに書きました。

先日のコンペ審査で
実際に計測してみました。

舞台に一歩足を踏み入れてから
実際に音を出すまで
いったい準備に
どれだけ時間を掛けちゃうんだか?

平均
ひとり約40秒です。

慌てて弾きはじめる必要はありませんが
こなれた仕草は
得とくする必要はありますね。


何時までも
天井を眺めたり

何度も何度も
椅子の高さを直してみたり

敷物から
椅子の足に付けるキャップに
座布団に
ペダルに
足台にと
大仕掛けを設営したり

膝の上で
ひととおり弾いちゃったり

鍵盤の上に
手を出したかと思えば
引っ込めたりを繰り返すとか

子供の肩を抱いて
なにやら「もにょもにょ」語りかけたり

中には
子供の腕をつかんで
鍵盤の上に置いてあげちゃったり

あぁ~( 一一)
それはフライングでしょう?


滑稽な仕草は
考え直しましょう。

舞台の上で
「親子愛」の寸劇を演じなくとも
保護者の熱いお気持ちは
重々承知しております。

そんなに覚悟を決めるのに
時間をかけずとも
きっかけは掴めます。

弾きはじめるのに
時間はかけても
曲間を取らずに
一曲終ると
次の曲へと弾き急いじゃうのも問題。

スマートに振舞えるようになると
格好良いね!(^^)!





準備




次の
コンペ審査に向け
下準備を始めました。

参加者の演奏する曲は
直ぐに楽譜を見れるように
ページ数を
全て記入しておきます。

譜例集に掲載されていない譜面は
コピーを掛けます。

あらかじめ
演奏時間を計算して
カットの場所も決めていきます。

勝手に決めたところで
他の先生方の意見も伺うのですから
一応の決め事です。

全てのことは
計画したようにはならずとも
準備しておけば
たいていのことはスムーズに進行しますからね。

時間通りに進行しないと
主催者側は焦りますし
先生方は休憩される時間が乏しくなり
お疲れが募ります。

焦りと疲れ。

これは
ミスに繋がる要因ですから
いけません。

思うに。。。

仕事しやすい環境を作るには
先ず
決められた時間の流れ
タイムスケジュールに
乗ることなんですね~!(^^)!


EF




10年前は
EF級の参加者なんて
そんなにいませんでした。

いても
参加者が数名パラパラ程度。

レベルだって
今ほど高くはありませんでした。

当然
学生服かなんかで
ボソボソっと弾いている参加者もいらっしゃいました。

今や
時代は違います。

皆さん
バリバリっと弾いてきます。

時に
バッハなんかもバリバリなんで
それはそれで問題なんですが
まぁ
それは余談として
上手になってきましたよ。

弾ける子供が
「雨後の筍」のように生えるわけではないので
「育った」ということなんでしょう。

学年が上がると
コンペもしのぎを削り
「大変になってきた」と
こぼされるお母様方もいらっしゃいますが。。。

たいそうなことをやってのける子供の方が
良くはありませんか?

誰にでも簡単に出来ることには
時間も
エネルギーも
掛ける必要はありませんからね!(^^)!

しんどくなったら
EF級を覗いてみてください。

「ほぉ、こう育つんだわね」っと
希望で胸が膨らみます。


リフォーム




お節介な性分なんで(●^o^●)

門下生は
今週末から
コンペ参加が始まります。

週末に
コンペ参加する生徒さんに
「なに着るの?」
…と
ついつい気になって
衣装にも口出ししちゃうんです。

だって
最近ではコンペ参加者の皆さん
衣装にも力が入っているんですもの。

C級あたりはミディ丈
D級ではロングがちらほら現れ
E級以上は
ロングが定番になりつつあります。

まぁ
衣装で勝負しても仕方ないけど
ドレスを着れば
自ずと
気合がはいりますからね。

ロングドレスは
保管場所にも困るので
そうそう何枚もストックはできません。

しかし
同じドレスを繰り返し着れば
飽きもきて当然です。

「ドレス持っていらっしゃい!
可愛らしくしてあげるから(o^^o)」

生徒がもってきた赤いドレスに
手を加えました。

前述のコラムで掲載したアイボリーの
ドレススカートについているコサージュと同じものを
いくつかアレンジして
赤いドレスの腰のところに
花束みたいにして盛り込んでみました。

コサージュに
もともとついいていたプラスチックの
花芯は取り去り
その代わりに
大粒のパールに
スワロフスキーのビジューを
沢山縫い付けたら
上品&華やかになりました。


いいんじゃない!(^^)!

アイボリー




こちらは↓
モデル画像のメロングリーンのドレスを
アイボリ―でお作りしたドレスです。

http://item.rakuten.co.jp/verygene/nad00002/

かわゆい!(^^)!

上半身は
細かなパールビーズで埋め尽くされてます。

スカートには
繊細なトップに比べると
ワイルドな感じで
コサージュがザクザクっと縫い付けられています。

今回は
お客様のご要望で
太くギャザーを寄せた肩を付けています。



市制




私の棲む大網白里は
今年の頭から
「郡」を「市」に改めたんです。

あぁ
良かった。

以前は
呆れるほど住所が長く
しかも
「さんぶぐん、おおあみしらさとまち」と
口頭で言って
県外どころか
県内の人までが
漢字で書けないっていう事実( 一一)

今日は
市制になったことを祝っての
イベントがあったようです。

なんと
市をあげてのカラオケ大会^^;








プロフィール

鈴木直美

Author:鈴木直美
ピアニスト、指導者として活動中。
Suzuki Piano School主催。
VERY GENE ドレスショップオーナーを務める。

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブログカウンター