トークコンサート




東金ステップにて開催される
トークコンサートの演目です。

トークコンサートの
所用時間は各15分ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


◉クシコスポスト: ネッケ

◉ヴェニスの船頭歌: ブルグミュラー

◉幻想即興曲: ショパン

◉アンコールに
ギロックの「土曜の夜はバーボンストリート」
なんか気のきいた曲をってのは
いかがでしょうか?


こんな感じで
東金ステップのトークコンサート
開催します。


スポンサーサイト

会計報告




お教室のドアに
役員さんからの会計報告が
貼ってあります。

毎年
演奏会や
門下の演奏会
懇親会に
発表会
そして
パーティーにと
数あるイベントに
役員さんが裏方を務めてくださいます。

年会費を
保護者から集め
お花の調達やらの準備もしてくれます。

年度末には
会計報告まで出してくれて
お役目ご苦労様~となります。

今年の役員さん
お力添えくださり
ありがとうございました。

新規役員さん
宜しくお願いしますね。

バカワンコ




気付いたら
ゴールデンウィークでした^^;

今年は
国際フォーラムにコンサート聴きにいって
高校時代の友達と
久しぶりに再会ランチを果たし。。。

くらいの地味~な
予定です。

5月末に
バラード4曲を
収録しようかなぁと
ただ今検討中。

収録したものは
動画で
Youtubeにアップするだけでなく
CD化できればと目論んでおります。

だって
いつも
同じCDしかないんじゃ
なんだなぁ~( 一一)

ということで
もうひとふんばり頑張ります!(^^)!




ロビー




暮れゆくロビー。

人気のない
閑散とした雰囲気も
また良し。。。

しばしの休憩。

意義



何故に
舞台をわざわざ借りて
リハーサルをするかというと。。。

普段のレッスンでは
気付かなかったこと
見えなかったことが
聴こえなかったことが
分かってくるんです。

譜面面は追えるのに
なんだかしっくりこない演奏の原因も
分かったりします。

なんだか
ワサワサとして落ち着きのない演奏は
バランスが悪いせいだったりします。

冴えない音質は
ぺダリングのタイミングが
合っていないせいだったりします。

雑に聴こえるのは
フレーズの捉え方が
曖昧なせいだったりします。

音の出ない原因は
指先への加重意識が
足りないせいだったりします。

今日は
結局
朝の9時から
夜の9時まで
ほぼノンストップで教えていました。

折角
ホール会場を借りたのですから
せいぜい利用品ことにはね!(^^)!

それにしても
疲れたぁ(o|o)





明太子マヨ




マヨラーってわけではありませんが。。。

マヨは嫌いじゃないですね。

ツナ缶にマヨ
明太子にマヨ
なめ茸にマヨ

これで
ご飯はすすみます
(マヨラーじゃん^^;)

さて
長い一日の朝は
しっかり食べて出かけます。

おばあちゃん手製の豚汁に
明太子とマヨでご飯。

その上に
ロールケーキを一切れ~!(^^)!

栄養とりました。

それにしても
おばあちゃんは
何にでも「筍=たけのこ」を入れてしまいます。

今が旬の筍。

顔の広いおばあちゃんは
お友達からから
じゃんじゃんと筍を貰ってきます。

穂先はお刺身に。

中間部は炊き込みご飯に。

下の方は煮物に。

筍は好きです。

しかし
筍づくしは辛いです。。。

今朝は
豚汁にまで
筍が入ってたしな(;一_一)

では
ブツクサ言っていないで
行ってまいります。



舞台リハ




明日の「舞台リハ」の
最終スケジュールです。

【スケジュール】
9:30  あゆみ
10:00 咲子1
10:30 咲子2
11:00 咲子3
11:30 咲子4
12:00 滝瀬1
12:30 滝瀬2
13:00 (ランチ)
13:30 りあん
14:00 まりん
14:30 (休憩)
15:00 このみ
15:30 みのり
16:00 たくま
16:30 じゅんい
17:00 みなみ
17:30 ゆうか
18:00 ひまわり
18:30 みほ
19:00 うらら
19:30 あや


夫々が
30分という限られた時間の中で
出来るだけ教わってください。

ビデオ撮影
録音は大歓迎です。

聞いてみたいことがあったら
遠慮なく言ってくださいな。



伝達




5月1日(水)
スズキピアノスクールの
保護者懇親会が
ヌーヴェルゴルフ倶楽部2階の
レストランにて開催されます。

そこで
持ち物のお知らせです。

クレイアートを楽しみますので
作業台として使用する
●クリアファイル
●木工用ボンド
●お持ち帰り用の紙袋
ご持参ください。

こちらでも
多目に用意していきますので
準備ができなくとも大丈夫ですので
ご心配なくね!(^^)!


それにしても
「何事も継続が大事!」なんて
常日頃
歌っているものですから
ひとつイベントを始めると
それがどんどん増えていくので
益々
張り切らなければならないって^^;



姐御



実音審査の終了後
作曲家の先生と
会場にてパチリ!(^^)!

今朝は
衣装に悩みましたよ。

初めは
黒いワンピを着てみたんですが
今ひとつピンとこなかったので
白いワンピに着替えました。

会場についてみたら
皆さん黒の衣装で
あらら(゜o゜)???

若いピアニストの中
一番年上の私は
まるで
「姐御」のような存在でした。

門外不出



別にPTNAの
肩を持つわけではありませんが。。。

何ごとにつけても
準備は迅速で
手際が良く
きちんとしています。

今回の実音審査でも
ノミネートされた
40曲を
きちんと製本して準備していました。

「関係者外閲覧禁止/持出禁止」

この文言に
緊張感が漂います。

世間では
ピアノ離れが心配される
この頃です。

ピアノ業界は
教えること
演奏する機会を与えること
演奏の制度を上げていくことに加え、
活性化を図るために
様々な試みがされています。

魅力的な楽曲を提供することも
そのひとつ。

大事な役割を担っているんですね。

会場



巣鴨駅前にある
東音ホールの内部です。

今日は
邦人の新曲を選曲する
実音審査ってのがPTNA本部主催でありまして
その演奏のお手伝いに出向きました。

写メは
「これから始まるよ」という時点です。

会場が
何となく落ちつかない様子
お分かりになりますか?

この審査では
作曲家の先生方が
「自分の作品が世に出るか」という
瀬戸際なステージなので
真剣に耳を傾けて
客席に座っていらっしゃいます。

ピアニストに
プレッシャーは掛かります。

「おりゃ!
ちゃんと私の作品を弾けよっ!」

みたいな空気を
ヒシヒシと感じつつの演奏。

ピアニストの我々は
自ずと真剣になります^^;

全員で10名のピアニストが
40曲の新曲を
次々に弾きあげていきました。

これが
二度繰り返されるのですから
皆様
お疲れ様でした。

プレッシャーに負けないのは
ピアニストとしての条件だね。

それにしても
今までに経験したことのない
プレッシャーを感じた
ひと時でした。

ドレス




そうそう
今回
舞台で使用したドレスですが。。。

私の着用している
ロイヤルブルーのドレスは
ドリームブルーローズというドレス↓
http://item.rakuten.co.jp/verygene/cad06024/

娘が着ているのは
サマースカイアップリケという
ショート丈のパーティードレスを
ロング丈にしたドレスです。
http://item.rakuten.co.jp/verygene/cpd00008/

パーティードレスをロングにすると
若々しくて
良い感じね~❤



サプライズ




先週末開催された
東金リサイタルは
サプライズいっぱいの演奏会でした^^

なかでも
「竹田の子守唄」を
歌っちゃったには
門下生たちは
「へっ?」っと苦笑し
お客様達は
「何が起こったんだ?」と
驚かれたことと思います。

こちらで
ご覧いただけます↓
http://www.youtube.com/watch?v=cU2_ZUmtB8o&feature=youtu.be

ピアノは
息を吹き込む楽器に比べ
表現力は乏しいし、
言葉がないので
「念力」でも使わないと
聴衆に語りかけられないよぉ~っと
デモンストレーションをしようと思い
ついついマイクを取ってしまいましたという
次第でございます^^;

この
母娘共演がウケた。。。

ピアノソロよりも
「微笑ましい」とウケた。

しかし
こういうことをやっちゃうと
「次回は何をするんだ?」みたいな
妙な期待が集まるのではないかと
ちょいと心配(@_@;)


バトル




昨日の午前中は
酒々井のアウトレットが
先週末の金曜日にオープンしたので
早速
視察に行ってまいりました^^;

ゲットしたのは
コーチのスニーカー。

これが笑えた。

実は
コーチのロゴが入ったスニーカーが
目を惹き
「これで私のサイズを下さいな」と
店員さんに頼んだら
「今お隣の方が試されているのが
最後の一足なんです」と。

振り返れば
オバサンが
スニーカーと
揃いの柄のハイカットのスニーカーを
試し履きしている。

小声で
「アンタには似合わない。
ましてや
ハイカットはイタイだろう(ー_ー)!!」と
呪いをかけたのに
「じゃ、ふたつとも頂きます」だと。。。

おいっ(;一_一)

それでも
あきらめがつかずに
コーチのロゴの入っていない
スニーカーを買ってきました。

「どこが
コーチなんだか分からないわねぇ」と
おばあちゃん。

ふん<`ヘ´>

「ロゴ入りのスニーカーなんて
ダサいんだよっ!」と捨て台詞。

あぁ~、悔しい。

昔から
バーゲンでは「取り合い」が定番でございます。

ただ今
全国で39店舗あると言われる
アウトレットです。

そのうちの
どこかのコーチに行けば
在庫あるよねぇ。

コーチと言えば
アウトレットのイメージがついてきた
今日この頃。

それでも
お値段は数万円もするのに
入場制限をかけても
レジ前は長蛇の列という有様でした。

アベノミクス効果か?

開店セールに
踊らされているだけなのか?





締め切り



何時だって
申し込みギリギリが多いのが
私が切り盛りする
千葉外房ステーションの特徴なんです((+_+))

締め切り二週間前で
申し込み者は
たったの6人。

一週間前で
40人みたいなスローペース。

果たして
開催は大丈夫かいな~(・・?))

そのような心配は
よそに…

今日が
東金ステップの申し込み締め切り日でしたが
参加者は85組申し込みを頂きました(o^^o)

さぁ
気合いを入れて
ご準備ください。

ところで
写メのラブリーなドレスは
合体ドレスです。

トップとボトムのデザインは
異なったデザインを合わせたものです。

上は↓こちらのデザインで
両肩付けたデザインに変更
http://item.rakuten.co.jp/verygene/cad06038/

下はこちら↓で
スカートにはキラキラした
スパンコール生地を入れています。
http://item.rakuten.co.jp/verygene/cad02005/

若々しいイメージになりましたね!(^^)!



実演審査




明日は
PTNAの邦人新曲の
実音審査の演奏に出掛けます。

ノミネートされた楽曲は全部で40曲。

そのうち
白石先生と
連弾の新曲数曲を
人前で演奏します。

そこで
選ばれた新曲が
印刷&出版され
世の中に紹介されるのですから
我々にも責任があります。

こちらは
公開されたイベントですので
興味のある方は
お越し下さい。

仔細は
PTNA本部までお問い合わせ下さいませ。
03-3944-1583


オリジナル



舞台ドレスには気を使います。

他人との
バッティングは「嫌だぁ!」という方には
ベリージェネは
もってこいの店舗です。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/verygene/

店舗と言っても
ネットショップなので
リアル店舗があるわけではないのですが。。。

ただ
複数の仕事を抱えながらも
細部に渡り
自分の目を光らせたい私にとっては
ネットショップは最適なんです。

好きな時に「店員」に
なれますからね^^;

レッスンや演奏会の合間に
自分のペースで
お役様の対応や
ドレスの準備や
配送が出来ますもの。

自分でも舞台に立つので
お客様の衣装に対する「思い入れ」は
存分に理解しています。

できるだけ
ご注文主の希望に
応えられるように努めています。

さて
写メのドレスは
既存のデザインに
ウェストリボンの替わりに
お花を3つ
お客様のご希望であしらいました。
http://item.rakuten.co.jp/verygene/ccd06030/

出来上がってきたドレスは
実に華やか!(^^)!

たった
これだけのことで
オリジナルな感じがしますね。

ちょいっとオートクチュールな気分を
味わっていただけます(^。^)y-.。o○




魔女



この写真も良いね。

魔女が
大きな鍋を
かき回すかのような
気迫が伝わります(OvO)!

背中の
肩甲骨あたりが語る。

私、
取り込み中なのよヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
ってな感じで。

あはは。

一枚の写真




写真家、渡邉敦夫氏
通称さんぽさんは仕事が早い。

日曜日の演奏会の写真が
もう
送られてきました。

中でも
一番のお気に入りは
音が聴こえてきそうな
こちらの一枚。

ピアノの前に居ながらに
精神は
自由に羽ばたいているかのように見えます。

こういう写真を撮ってもらうと
よっしゃ頑張るぞっと
勇気が湧きます。

氷川丸



気持ち良く晴れた
山下公園で
海上に浮かぶ
氷川丸を眺め
手入れされた花壇を愛で
今回のプチ旅は終わり(⌒▽⌒)

友人を羽田に送り届け
なんとなく淋しくなり
「またおいでね」っと抱きしめ
車のドアを閉め
格好よく去ろうとしたら。。。

助手席に
彼女のバッグが\(◎o◎)/!

わぁっ!
大変なことになるところだった。

「お~い!
忘れものぉ!」

結局
笑ってのお別れでした。

あはは^^;



中華街の門って
青かったっけ?

記憶の中では
赤だったけどなぁ。。。

どうでも良いことですが
気になり写メっておきました。

今日も晴天(^。^)y-.。o○

少し歩いて
山下公園まで散歩しました。

店の顔



中国粥の店なのに
何故か「サンタ」が店の顔^^;

http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14000676/

この「謝甜記」は
子供の頃からあって
まだ中華街が
これほどまでに観光地化していない頃は
路地裏の汚い店だったんですよ。

それでも
いつも人が並んでいましたっけね。

今では
店内も清潔で
メニューもこ洒落ている。

その点は
日本人好みの店舗になっていましたが
味は美味しかったですよ~。

中華街に行かれた際には
是非
探してみてください。



横浜中華街



横浜にお泊りした翌日は
中華街にて
朝ご飯~ヽ(^。^)ノ

飲み過ぎた翌朝は
中華粥などいかがなものかと
謝甜記(シャテンキ)へGO!

ところが
見つけたは良いものの
シャッターは閉まったまま。

「10時開店」って
看板い書いてあるのに
一向に開店しそうな気配は全くなし(=_=)

「あれまぁ。」

ぶらぶらっと歩いているうちに
道路に水撒きをするおばちゃんが
高校生に怒っていた。

「あんたら水かかるからどけ!」

掛けないように
水を撒けばいいのに
そこんところは
中国人らしいと笑えた。

おばちゃんに
「中華粥食べに来たんだけど
謝甜記が閉まってるんだ。
他に知らない?」と聞けば
「二号店が底の角曲ったとこにあるよ」と
教えてくれた。

中国人は
いつも怒ったような話し方をすると思われるが
あれは決して怒っているのではなく
主張をしているんだと
聞いた話を思い出す。

そうそう。
そうなんだよね。

女子会



すこし寒くなってきたし
そろそろ鎌倉散策も
この辺でお終いと
鎌倉から
横浜まで車で移動。

この日は
横浜ランドマークタワーの
ロイヤルパークホテルでお泊まり。

土産店で
横浜土産を
たんまり買う友人につられ
何故か私も
懐かしい「横浜ハーバー」を購入(⌒-⌒; )

土産物を買うほどの
距離ではありませんがね^^;

成城石井にて
ビールに
ハムやチーズを買い込み
高層階の67階から
次第に暮れていく夜景を
眼下に眺めながら
女子会に突入。

乾杯っ!

楽しい休暇でした。

ありがとう。

牡丹



円覚寺の境内には
牡丹の花が
綺麗に咲いていました。

何故か
雨よけか?日よけか?
大輪の花には傘がさしてありました。

沢山の笠がさしてある光景は
滑稽な感じはしましたが
生き物を大切にする心に
触れた気分がしましたよ。

円覚寺



ランチで
ひと息ついたら
円覚寺にGO。

中高と
北鎌倉に通っていた私にとっては
駅近くの円覚寺は
実に懐かしい場所。

北鎌倉のお寺は
鎌倉のお寺に比べ
侘び寂びの世界が広がります。

要するに地味な感じ。

それが
また良いんです。

山肌に建つ円覚寺は
国宝の釣鐘を見るために
急な階段を登りつめなくてはなりません。

やっと山頂に辿りつけば
1300年に作られた釣鐘が
静かな威圧感を漂わせながら
鎮座しています。

イタリアン



お昼は
北鎌倉駅から
歩いてすぐ
東慶寺入口脇にあるイタリアン
タケル・クインディチで
パスタとピッツァ~(^O^☆♪

石窯で焼いたマルゲリータに
「ほほぅ」っと舌鼓。

やはり鎌倉はオシャレだわ。

のんびりしながら
Facebookを覗いたら
白石先生が
「鈴木先生は
豪快にビールジョッキで3杯一気飲みしてた」と
暴露しているのを発見。

おいこらっ!


青葉



竹林寺として知られる報国寺。

この季節は
青葉が何とも綺麗でした。

たまには
レッスン室抜け出して
外の空気を吸わなきゃね。

このお寺は
知る人ぞ知るといった風情で
静かなたたずまいを見せています。

鎌倉八幡宮から3キロくらいかな~。

歩くのは切ないけど
歩けなくもないってな距離。

もちろん
車で移動^^;



竹林



八幡宮からは
小町通りを
ぶらぶら歩いて
駐車場に戻りました。

小さなお店が
無数のように軒を並べ
賑わいを見せる小町通り。

こ洒落た雑貨屋さんを
何軒か覗きながら
ぶらぶら歩くのは
鎌倉詣での楽しみ。

さぁて
お次は
竹林の美しさを誇る
報国寺へと向かいましょうε=ε=ε=ε=ε=ε=┌((o^^o)

鎌倉八幡宮



お正月に
参拝に来た時には
押すな押すなの人だかりでしたが…

平日とあって
境内は空いていて
清々しい雰囲気でした。

朱塗りの本殿は
青空に映えて
静けさの中にも
勢いを感じます。

流石
鎌倉随一の大社だけある
堂々たる風格を湛えていました。
プロフィール

鈴木直美

Author:鈴木直美
ピアニスト、指導者として活動中。
Suzuki Piano School主催

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブログカウンター