富田製麺



ついに食べました
松戸富田製麺ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

前から
友達に薦められていたんです。
「一度食べたら良いよ!」って。

出向いたのは
木更津のアウトレット支店。

いっつも人で
ごったがえしているフードコートには
近寄りがたいものがありました。

娘の学校に用事があって
行ったついでに寄り道。

夜の8時過ぎ。
一般店舗はすでに閉店し
9時に閉店のフードコートは
閑散としていました。

いつもは
人気店の「松戸富田製麺」の前は行列があるのに
空き空き~*\(^o^)/*

本店は松戸にあり開業は2006年と歴史は浅いながらも
「つけ麺」では日本一なんですって。
ラーメンデータベース3年連続一位。
TRY認定ラーメン大賞中華そば部門5年連続一位。
つけ麺部門3年連続一位。

実は
そんなことは
つゆ知らず。。。

「あのぅ
このお店の一番人気はなんです?」

「これって食べきれる量です?」

こんなこと
カウンター越しに
聞いてしまいました。

すみません(~_~;)

超有名店とは知らず
勉強不足でした。。。

お約束の黒Tシャツ姿のお兄さんが
薦めてくれた
「つけ味玉そば」を注文。
900円也。

つけ汁は濃厚な豚骨&魚介系。

見た目
ドロドロ~。

つけ汁には
何故か
柚子がのっかている(・・?

不可解には思ったけれど
個性ってことかな?

麺はもっちり太麺で
がっつり食べたい人には
お薦めのつけ麺でした。

夜中に
やたらに喉が渇いて
コーラがぶ飲みという
おまけがついたのでした。







スポンサーサイト

案内



出来たっ(((o(*゚▽゚*)o)))

どんなもんだいっ(*`へ´*)!

発表会の案内が出来ました。

先がけて
ここに概要を書いておきます。


【発表会のお知らせ】

日時は12月23日(日)
会場は東金文化会館小ホール

第1部 小学生 10:30
トークコンサート 12:00~
第2部 中高生 12:30
第3部 大学生 14:00

リハーサルは
12月9日(日)
会場はさんぶの森文化ホールにて
時間は追ってお知らせします。

会費は
12月のお月謝と共に納めてください。

ドレスコード有
清聴のこと
演奏家としてのマナーを期待します。

以上~♪

さぁ
練習して!(^^)!


後手



すっかり秋ですねぇ。


ベッドから抜け出す時に
ちょっぴり勇気が要るようになりました。

さて
今朝は子供達を「やんや!」と
急き立てるように追い出してから
12月23日に開催の
「発表会の案内」を作っております。

こういうことは
もっと前からやるべきですが…(^^;;

まめなクセに
面倒くさがるところもある。

「例年通りよぉ!」と
メールで「簡易お知らせ」配信なんて
手抜きしたかったのですが

それもナンですので
「案内」を配布します。

頑張れ~自分♪(v^_^)v


あそび心



このところ
なんだかんだと忙しかったですねぇ。。。

金曜日から
島根県は松江に行きます。

旅に出ると
かえってゆっくり寝れる~(^_^メ)

松江ステップでは
アドヴァイスとトークコンサートを担当します。

今回のトークコンサートでの
テーマのひとつは
「五拍子」です。

1.2.3.4.5.。。
などと数えてはいけません。
ノリが悪くなります。

1.2.3
1.2
大きく2拍に分けるんだよぉ。

複合拍子の妙を
デモンストレートしようと思います。

スパイ大作戦のテーマは
5拍子なんですよ!(^^)!

案外
リズムを刻むのは難しかったりします。

その昔
遊びでエレクトーンとかキーボードに触っていたのは
今になってみれば良かったと思います。

当時は
ピアニストはタッチが悪くなるから
「電子楽器に触れてはダメです!」
なぁんて
言われていましたがね。

適当に緩いアレンジなら
そこそこ出来るようになりますし
リズム感も養われるってもんです。

「あそび心」

なにより
音楽に「あそび心」を持てたことが
良かったです。

無駄と思われることって
案外
後々役に立ったりします。


さて
画像のトルソーに掛けたドレスは
パニエを履いていません。

島根から戻ったら
パニエを付けてお届けしますね~。
http://item.rakuten.co.jp/verygene/cad06028/

シャンパンゴールド



シャンパンゴールドのドレスヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ちょっと
背伸びしたい年頃になったら
こんなニュアンスカラーも良いかもしれません。
http://item.rakuten.co.jp/verygene/ccd01039/

iPhone5 にしてから
画像が綺麗になりました。

コラムへの画像アップも楽ちん。

文章の投稿は
タッチパネルは面倒なので
パソコンで打っています。

「ガラケイ」から脱却できて
良かった×良かった。

「ガラケイ」とは
「ガラクタ携帯」という説と
「ガラパゴス携帯」の略という説があります。

若い子の造語。

いずれにせよ
「時代遅れのパカパカ、またはスライド式携帯」ってことらしいです。

ところで
まだ
タッチパネルに慣れていないので
あらぬ方々に電話を掛けてしまったりします。

だって
ちょっと電話番号に触れただけで
掛かっちゃうんですよ。

「あらっ!
すみません。
用事は無かったんですけど
うっかり電話を掛けちゃいましたぁ(*^。^*)。」

みたいな。。

お恥ずかしい^^;





ワンショルダー




子供ドレスなのに
ワンショルダー~*\(^o^)/*!

檸檬クリームで作りました。

http://item.rakuten.co.jp/verygene/ccd06046/

大人のドレスとは違い
子供ドレスは
脇周りにゆとりを取ります。

子供の骨格は
日々成長しますからね。

ボディーが
緩いようなら
ストラップをベアショルダーに縫い付けて
使用してみてください。

少なくとも
来年までは着たいでしょうからね~♪




ずぼら



二段重ねのお弁当箱って
一段目で
力尽きることってありませんか?

今朝は
牛丼を作ったら
想像力が失せてしまいました。

そこで
上段には
バウムクーヘンを一口大に切って
「友達と食べな~」っと
良い母親のふりをして
手抜き( ^)o(^ )!

で。。。

何故に
「バウムクーヘン」かって言いますと。

先日
電車に乗り遅れた娘を
高速を飛ばして送っていったんです。

なにせ
千葉は案外に広いので
自宅から学校までは小一時間かかります。

もちろん道中は小言の嵐^^。

せっかく
こんな遠方まで来たのだからと
帰り道にパーキングに寄って
「見波亭の鋸山バウムクーヘン」を買って帰ったという次第です。

何故に
この漁港の街で「バウムクーヘン」なんだろう??

地元の
卵と牛乳を使ってドイツのレシピで焼き上げたってな
説明には
ちょい笑えました。

壮大だな~(*^。^*)。






色違い



オリジナルで作ったドレスの
色違いバージョンです。

色ばかりでなく
水玉の大きさも違うので
イメージは大分変わります*\(^o^)/*

スケッチ画から
実際にドレスが出来上がってると
夢が膨らんできます。

次は
何しようかな~。

なんて
わくわく~♪



おまけ



いったい
幾つお弁当箱持っているんですか?

そんなに持っていませんよ。

でもね。。。

なくしてくるんですよ(-_-;)

何故に
「弁当箱」をなくすのか
意味不明なんですがね。。。

この細長いお弁当箱は
「ワコール」で下着を買った時に
貰ったものです。

「5000円以上のお買い上げでお弁当箱」

この「おまけ作戦」には
弱いタイプ(*^_^*)

そう言えば
「おまけ」じゃなくて
「ノベルティー」って今時は言うんでしたねぇ。

これも意味不明(・・?



ずんだ餅



一見地味な「ずんだ大福」は
中を割れば
「ずんだ餡」が何とも鮮やかに目に映ります。

皮の小豆色と
餡の若草緑の組み合わせに
心がちょっと踊ったりします。

この色合わせの妙は
「日本の文化なんだな~」っと
感心したりしますね。

「ずんだ」とは
枝豆、または
そら豆をすりつぶして作る「ペースト」のことで
甘くも
辛く(塩味)も
用途によって使い分けられるようです。

もともとは
東北の郷土料理。

「ずんだ」の他に
「じんだ」「じんだん」「ヌタ」「豆ヌタ」などとも
呼ばれるそうです。

語源に関しては
様々な説のある中
「豆を打つこと」を「豆打」(ずだ)と言い
さらに訛って
「豆ん打」と。
つまり「ずんだ」になったのではとされています。

因みに
宮城県のたいていの和菓子屋では
5種類の団子が売られているらしいです。

ずんだ、くるみ、ごま、あんこ、しょうゆ。

一番人気は「ずんだ」で
人気が無いのは「しょうゆ」
つまり「みたらしだんご」なんですって。

ふ~ん(・へ・)?


お茶会



これは
「差し入れ」です!(^^)!

月に2回開催される
ソルフェージュの時間に
「どうぞ~」と
マフィンを焼いて
ご父兄が持ってきてくれました。

子供達は
「わいわい」と
勉強しているんだか
遊んでいるんだか
分からないほど
盛りあがってソルフェを受けています。

受講時間が
一時間半と長いので
ちょっと
お茶とお菓子を出していますが…。

どうやら
子供達は
「お茶会」が楽しみなようです。

しっかり勉強しろぉ( 一一)!

講師を担当してくれるのは
元生徒の音大生。

子供達に「先生~」と呼ばれ
慕われています。

音大を
卒業してからの「職業市場」が
充実することが
この
クラシック音楽の世界には
重大な課題なんだと
常々思う訳です。。。




オリジナル




オリジナルのドレスが
仕立てあがってきました(^。^)y-.。o○

自分で
生地を選ぶところから
デッサン画を書くところまで
生まれて初めて
挑戦しちゃいました。

ほぉ~!

出来るもんなんだわ。

無地ではなく
プリント地のドレスを作ってみたかったのです。

巷に出回っているのは
無地が多いですからね。

こりゃ
目立つこと間違いなし!(^^)!

あはっ




あははっ(((o(*゚▽゚*)o)))


ハロウィン仕様で
レッスンにやってきたマリンちゃん。

充分驚きましたよ!

楽しいから
この格好のままレッスンしましょう。

しばらくしたら
「先生~。
かつら取ってもいい??」

「どうしたの?」

「かゆいよぉ」ですって(*^。^*)。

一生懸命になると
頭から湯気が出るものね。。




アイフォン・デビュー




iPhoneからの投稿に成功~(((o(*゚▽゚*)o)))!

なんせ
楽々携帯かスマホかってな
選択に迫られる世代ですからね。

若ぶるなら
やはり携帯だって
気も手も抜けないぞ(~_~メ)。

約一月待って
手に入れたiPhone5ですが。。。

なんたって
ブログが入らない。

困った×困った(-"-)。

生徒さんのママさんに教えてもらい
(レッスンそっちのけで)
やっと投稿できました。

こりゃ~ラクだ!

iPhone5を予約したよ~と叫んでいたら
友達が「おめでとう!デビュー!」と
ヒョウ柄のケースを贈ってくれました。

ピッタリで
ほほ~い!

ハロウィン




そう言えば
ハロウィンはこれからだった。。。

鹿児島では
ハロウィンにちなんだディスプレイや
グッズは見かけなかったです。

今朝
ラジオのニュースで
「品川水族館ではハロウィン祭を…」と聞いて
「そうだ!!
ハロウィンはこれからだったねぇ~」などと思い出してました。

今日のお弁当は
ハンバーグ!(^^)!

娘のと息子ので
ふたつ作りました。

大学生の息子は
これを
友達に見つからないよう
隠しながら食べるんだろうなぁ。

ほほほ。。。






パフパフ




最近
すっかり秋めいてきました。

涼しくなった今日この頃
パフパフに膨らんだドレスは
人気があります。
http://item.rakuten.co.jp/verygene/ccd01032/

このボリュームで
パニエは履いていません。

こんなドレスが着れたら
きっと夢見心地でしょうね。

昨日から
島根県は松江ステップへの準備を始めました。

仕事は次から次へとぉ~♪




言い訳




これは可愛い~❤
http://item.rakuten.co.jp/verygene/ccd06044

鹿児島から
帰ってみれば
ドレス達が届いていました。

今日は
朝からドレスの手入れ&発送作業。

さぁて!
気合いを入れて頑張るぞ!

そんな朝に限って
娘が遅刻(ー_ー)!!

木更津という街まで
車を飛ばして送ってきました。

「だって
前髪切ってたら
遅くなった」だと。

もぉ~<`ヘ´>






陶器




桜島の溶岩焼の工房
「村山陶芸」を訪ねました。

道端の看板につられて
ちと見学に入ったのです。
http://www.abs-client.net/youganyaki/

店の駐車場には
猫がたむろい
その大半は火山灰にやられて
目が開かない状態。

煤けた店内に入れば
「お茶どうぞ」と老婆が一服薦めてくれる。

火山灰を釉薬に混ぜ込んで焼き上げた陶器は
鉄分を多く含むため
黒々とした光沢を放ちます。

ぽってりとしたフォルムは
良く言えば素朴な味がある。

はっきり言えば
庶民的な普段使いにしかならない代物。

しかし
何も買わないで
店を出るのは悪いかな。。。

結局
お茶碗をひとつ購入。
1050円也。

素朴な茶碗で
旅の思い出には
妥当な値段かな。。。

黒酢

鹿児島


身体に
良いんですって「黒酢」(*^。^*)!!

陸続きに桜島に渡ろうと
レンタカーを走らせていたら
こんな光景に出合いました。

壺畑??

車を停めてパチリ!

壺で作る黒酢は
鹿児島県霧島市の特産品。
江戸時代(約200年前)の頃より伝わるんですって。

鹿児島弁で
「酢」のことを「アマン」というので
この壺は「アマン壺」と呼ばれるのだそう。

蒸し米と麹、天然のわき水だけを原料に
一年から三年じっくり発酵・熟成してできあがるそうです。
その工程で
色が黒っぽくなるんですって。

ふ~ん。
 




黒神埋没鳥居

たいしょう


大正の噴火で
三分の二が埋まった黒神神社の鳥居。

地面の(灰)下には
2メートル埋まったままだそうです。

桜島は東西約12km、
南北約10km、
周囲約55km、
面積約77km²の火山島。

かつては
文字通り島であったそう。

1914年(大正3年)の
大噴火により大隅半島と陸続きになったんですって。

わずか100年前の大噴火と思うと
凄いなぁって
思ったりします。






灰回収

火山灰


これ↑何だと思います?

ゴミ回収ではなく
火山灰の回収袋ですって。

火山灰は
呼吸器、目、皮膚に
悪影響を与える場合も多々あるそうです。

墓に屋根




桜島近辺のお墓は
屋根で覆われていました。

初め見た時は
その見慣れない光景に
ちょっとギョッとしましたが
考えてみれば
祖先を
大切に思う気持ちの表れなんですね。

火山灰から
お墓を守っているんですね。



火山灰




駐車場の車には
うっすらと火山灰が積もっていました。

コンクリートの地面の上は
風に吹き上げられた灰が
砂塵のように舞い
そこいらにウロウロしている猫たちは
目が灰で潰れて
目ヤニに覆われて気の毒なこと。

桜島の景色を眺める目も
次第にしょぼしょぼ(o|o)

この環境の中に住むのは
想像以上に大変なことなんだ。。。




桜島




鹿児島での
オフの一日。

どこに行こうかなぁ~と
「この辺りに観光名所はありません?」と
薩摩川内駅近くの
ホテルのフロントに聞いたのですが
「鹿児島へ」と言われたので
桜島に行ってきました。

朝のうちは
台風の影響で雨ふりでしたが
お昼からは晴れて
午後には快晴~ヽ(^。^)ノ

21日前に
「中程度の噴火」をした桜島は
煙がもうもうと
山頂付近から吹き上げていて
なかなかの
雄大な姿を見せてくれました。

後で検索したら
今朝の7時くらいにも
小規模の噴火があったそうです。

今年に入っての
777回目の噴火ねんだそうです。

そんなに噴火しているんですかぁ。。。

裏話




本当はね。。。

アップライトで弾くのは大変でした(@_@;)

黒鍵のグリッサンドって
出来ないんですよ。

「こりゃ~、音が鳴らない」と
手の平で弾くところを
指の腹にしてみたり
爪にしてみたり
白鍵で代用してみたりと四苦八苦(o|o)
3回連続して弾いたら
親指の皮がむけました(涙)

近くにおいでよ~って
寄ってきた子供が
「あっ!黒鍵だけって言ったのに
白いとこ弾いた!」って叫んだには
「あら、ばれた??」と、とボケたには(笑)。

アップライトの譜面台に手があたり
違うキーを叩いたら
曲の頭に戻っちゃったにはビックリ。
もちろん
しらんぷりして弾いてましたが
心中では苦笑。
「こんなことってあり??」みたいな(笑)

月光ソナタの第3楽章に
鍵盤がついてこない。
しばらく慣れるに時間が掛かりましたね。

さまざまな裏話はあるなか
トークを交えた45分のコンサートは
あっという間に終わり
終始
子供達は
熱心に耳を傾けてくれましたよ~。

さぁて
今日はオフ!
これから観光しよ~っと思いきや
台風で雨どす(泣)




西郷さんの秘湯




川内市内から15キロほどの
山間にある
川内高城温泉まで足を伸ばしてみました。

日本の名湯100選に
名を連ねる
高城温泉は
西郷隆盛が愛した秘湯だそうです。

実際足を運べば
ひなびた温泉街で
「まる善」というホテルが
この温泉街一番の有名どころなんだとか。

西郷さんの入浴オブジェを
ぱちりと撮っただけで
お湯には浸からずに帰ってきました^^;

校長先生




「学校クラスコンサート」は
述べ500回ほど
これまでに開催されているそうです。

へぇ~!
結構な開催数ねぇ。

そう思いましたが。。。

全国の小学校の数を
検索してみたら
総数21,371校もあるようです。

その内訳は
国立73校
公立21,089校
私立209校

そうしてみると
500校ってのは
まだまだ少ない数字なんですね。

この
「学校クラスコンサート」という
体験教室は
是非
全国に広まって欲しいものだと思います。

子供達は
クラシック音楽の演奏会を体験することによって
公共的マナーを身につけていきますから!(^^)!

それには
この企画に賛同してくださる
校長先生の存在が重要になります。

先ずは
「学校クラスコンサート」の存在をアピールしなきゃ。

広報活動から頑張りましょう~!







学校クラスコンサート




鹿児島県
薩摩川内の可愛(えの)小学校で開催された
「学校クラスコンサート」の報告を書きますね。

4年生の1組から3組までの子供達に
「クラスコンサート」を体験してもらいました。

音楽の先生の粋な計らいで
手元を黒板スクリーンに映し出しての
ライブ演奏会。

先ずは
ショパンの「小犬のワルツ」でご挨拶。

言葉の無い
見ることも触ることも出来ない音楽は
理解しがたいような印象がありますが
ちょっとした知識があれば
う~んと楽しめるよっとメッセージを送ります。

お次は
モーツァルトの「きらきら星変奏曲」で
「変奏曲」の意味を話しました。

まぁ
言ってみれば
「ポケモン」と同じですよ。
始めに聴いたメロディーが
進化を遂げるってことです。

続いては
「トルコマーチ」で
当時のエスニックブームの様子を語りました。

これは
ファジル=サイのジャジーなアレンジで
ちょいとバーチュオーソな気分。

そこからは小曲を並べ
展開をアップテンポに。

小森さんの「宇宙遊泳」でグリッサンドや
田中カレンさんの「りゅう」で半音階
「ジャイアントパンダ」で黒鍵の存在など
ちょびっとだけ
楽典的な知識を植え込む^^。

お終いは
ベートヴェンの「月光ソナタ」の第3楽章で
彼の短気な気質が音楽に投影されていることをほのめかし、
同時にソナタ形式の
テーマの帰還とやらを体験してもらいました。

トークコンサートのお終いは
子供たちとのアンサンブル。

一緒に歌ったり
合奏したりすると
仲間意識って盛り上がりますね!(^^)!

きっと
子供達はピアノの音を聴くたびに
私のことを思い出してくれるに違いないと
思えたひと時でした。

ピアノを弾き続ける意義を
肌で感じられました。


しっかり聴いてくれて
ありがとうね~!

スクリーン




鹿児島県は川内市の可愛(えの)小学校にて
学校クラスコンサートが開催されました。

ステップの翌日今日は
可愛小学校を訪ねました。

当初は
音楽室にあるグランドピアノで
演奏する予定でしたが
調律してみたら
「これは使い物にならない状態」と
調律師の方が判断。

急遽
アップライトピアノでの
演奏会となりました。

音楽の先生が
「子供達にも手元が見えるように」と
黒板にスクリーンを設置してくださいました。

目の前で繰り広げられる
ライブ演奏。

同時に写し出される
手元の映像。

子供達は
たった45分間の演奏会でしたが
刺激のある時間を過ごせたのではないかと思います。

ほとんどの子供たちが初めて経験する
クラシック音楽のコンサート。

たとえ
ミニチュアサイズとは言えども
非日常的な世界であることには
間違いはありません。

クラシック音楽は
心の拠りどころを求める人たちの
オアシスとなるのです。

この子供達も
いつか大人になります。

人生において
ほとんどのことは
思ったように進まないことに
いずれ気が付くことでしょう。

その時に
ピアノとは限らず
クラシック音楽に親しむ意義が分かると思います。

音楽は
無くても生きていけるもの。

だからこそ
音楽に親しむことは
この上ない心の贅沢なんですよ!(^^)!








薩摩川内ステップ




ビジネスホテルの室内は
殺風景なので
道端のお花をちょいっと飾ってみました。

これって違法かな(*^。^*)?

鹿児島は川内市内は温かく
道にはマリーゴールドやサルビアが
色鮮やかに咲いています。

川内と書いて「せんだい」と読みます。

昨日は薩摩川内ステップに
お邪魔しました。

お昼と夕方に2回
トークコンサートを担当していたので
忙しい一日でした。

慣れないピアノと環境に
戸惑い気味の指先も
プログラムが進めば冴えてくるってもんです。

「愛情物語」を思いっきりに派手に弾いたら
同席の保坂千里先生に
「この映画観た?」と聞かれ
「観てない」と応えれば
「だよね~。
知ってればしっとり弾くよ。」と
アドヴァイスされました。

あはは。

それにしても
ピアノ弾けて楽しかったな~。

そうそう
シューマンの幻想小曲集の中から
2曲演奏されたかがいらして
PTNAの音源を参考にしましたと
お声を掛けていただきました。


うひょ^^。


プロフィール

鈴木直美

Author:鈴木直美
ピアニスト、指導者として活動中。
Suzuki Piano School主催

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブログカウンター