マッチ棒




帰りの錦糸町駅で
「おぉ!スカイツリー!」と
写メをパチリ。

肉眼では
あんなに大きく見えたのに
写メに収まれば
ちんまり(^_^メ)。

娘は
コンペ通過しなかったのですが
悔しさを味わったようでした。

そして
次回こそは
「準備を早めにするぞ!」って言っていましたから
やはり
緊張した空気に触れることは
いい刺激になるのでしょう。

結果発表を聞いてから
駅近くでお寿司。

買い物をして帰途に。

「さぁ、
次の曲を練習しよかぁ。。」と言ったら
「今日は絶対に吹かない」ですって。

まぁ
そりゃ、そうね。

スポンサーサイト

ニーズ




様々なコンクールって
あるんですねぇ。

今日は
錦糸町駅近くの
「ティアラこうとう」というホールに来ています。

大阪国際音楽コンクール。

部門の多いコンペ。
管楽器の部門に
娘が出演します。

ついでに
おばあちゃんも一緒に連れてきて
終わったらご飯でも食べて帰ります。

泥縄的に
いまさら控え室にて練習している娘。

「間違えたらどうしよう(°□°;)…。」

暗譜もしない
フルートの
こんな曲のどこを間違えるんだ?

案外
気が小さいのが笑える。






悶着




ロングドレスのデザインを
着丈を短くしてパーティー用にお作りしました。
カラーはラベンダー(^。^)。
http://item.rakuten.co.jp/verygene/cad06027/

ステキに出来てきましたよ。
明日は
ちょいと忙しいので、
週末には出荷しますね。

このラブリーなドレス
どんな機会に着て行かれるのでしょうか?
楽しみですね~♪

ところで明日は
娘のフルートのコンクールで
伴奏に付き合います。

そこで
ひと悶着ありました。

コンクールに向け
持ち物チェックをしなかったことに
おばあちゃんが文句を言い始めたのがきっかけ。

「返信用の封筒を
用意してないじゃない!」

「そんなことまで
いちいち確認できないわよ。
本人に言ったら?」

どうでも良いじゃないのぉ。。。

「封筒を用意しろって
何度も言ったわよ<`~´>。
あなたは母親でしょ!」

「何から何までは出来ないよっ!」

そこで止めておけば良いものを
おばあちゃんも喰らいついてきた。

「母親として
やることはやらなきゃ。」

こっちだって必死に生きてるんだよ…(;一_一)!
たかだか封筒くらいで文句を言われてもね。。。

「だったら
おばあちゃんが用意すればいいじゃない。」

「あなたは母親でしょ。
忙しくたって
そのくらいは準備するべきよ。」

「くそばばぁ!」

働く母親は
誰だって目いっぱいなんだよ。

もめ事は
更なる疲弊を重ねます。

そこへ
「プーランクのフルートソナタか
ヒンデミットのソナタ。
どっちが好き?
明日のコンペに勝てたら
どっちが良いと思う?」と娘。

「プーランク!(^^)!」

だらしないがために
問題を引き起こした
当の本人はいたって前向き。

予選に勝ち進む前から
次の本選曲の心配を始めている。

視点の違い。
世代の違いで生じる
ひと悶着。

まぁ。。。
そんな日もあります。

かき氷




かき氷。

ちょうど
「デコふりかけ」のストックが
青色しかなかったので
ブルーハワイってことで^^;。

シリコンカップに
ご飯をこんもりと盛って
「デコふり」のシロップを掛ける。

スプーンも添えて
それらしく演出しました。

「デコふりかけ」は
ごく少量の水で溶いて
シロップのように掛けます。

これは
赤色で作った方が
可愛かったな。。。

ちょいキャラの
浮き輪も良い感じ~♪

夏休みも
後わずか。

カウントダウンですよ~!





部活焼け





これ!
部活焼けの足元です!(^^)!

夕べ
レッスンに来た生徒の足が
ブラック&ホワイトの2色になってました。

足首から下、
靴下に覆われている部分は
真っ白。

お猿さんのように
真っ黒になって
充実した夏休み過ごしたようね~。

日に焼けるのことが
恐ろしい「オバサン世代」には
ガンガン日焼けできちゃう若さが
頼もしいですねぇ。

それにしても
日中は部活
夜はピアノと頑張ってるね。

ちょいと
あくびは見逃しますよ^^。

蛇と蛙




蛇に睨まれた蛙。

逃げることも手向かうこともできず
体がすくんでしまうことのたとえ。

こりゃ、
睨まれたというより、
蛇に喰われた蛙だっ(」゜□゜)」!!

家のバカわんこが
あまりに吠えるので
外を見たら
これ発見!!

怖いので
あまり近くから撮影出来ませんでした。

恐る恐る(@_@;)。

自然界って
こういうもんなんだな…。





オリジナリティ




オリジナルは難しいです。

物真似は
そこそこ誰にでも出来ます。

この
暇っていうか
ちょっと時間の割けるこの時期
見よう見まねで
ドレスのデザイン画を描き始めました。

無からのスタートは難しい。
あれこれとデザインを見ては
「こんなのが良いな~」みたいに
真似ているうちに
それらしいデザインは起せます。

これまで
沢山のドレスを扱ってきて
この頃は
自分のオリジナルで
子供ドレス作ってみたいなって
思いたってのチャレンジ。

そんな企画
何ひとつ出来てもいないのに
こんなところで言っちゃうの?

うん!
言っちゃうのです!

有言実行。

要するに
言っちゃったから
やらなきゃ~ってのが
私の場合モチベーションになりますので^^;。

もし
少しでも進展があれば
随時ご報告しちゃいますね。


ポップ




マカロンの箱に
ワックスペーパーを敷いて
お弁当箱に代用ヽ(^。^)ノ!

最近のお菓子の箱は
捨てるにゃ~惜しいほど可愛い。

しかし
取っておけば
「もったいないお化け」と化して
家の中が大変なことになる。

お弁当箱として
流用したら
この課題はクリア出来ます。

再利用できたから
捨てても惜しくないってな気分になれます。

オフ




ひっさびさに
昨日の日曜日はオフでした。

ついでに
コラムもお休みしちゃいました^^;。

コンペシーズンが終わり
今まで仕事で埋まっていた
日曜日が
ぽっかり~と空いたんで
ついつい浮かれて出歩いていました。

これから
9月に掛けては
ちょいとオフシーズンになります。

今年のPTNAピアノコンペティション。
なんと
述べ40,000人も参加者がいたんですって。

よんまんにん。

ちょっと想像がつかない数字ですね。。。

なんとか
このピアノ業界
この先も
盛り上げていきたいものです。

そのためにも
我々ピアノ教師が
前向きに活動しないとね。

コンペに出すことは
ピアノ教育の目的ではないのです。

上達には
舞台と評価があると良い。

そのための手段かな~。

なにも
コンペでなくとも
舞台に上げることを
先生方が積極的に指導に盛り込むと
上達の速度は当然上がります。

それって
指導者の負担が増えるのですが、
そこを面倒がってはいけませんよぉ~(^_^メ)。


青いソーダ。

残暑が厳しい中
冷たい飲み物って
愛しいよね~。

残暑




確かに暑い(@_@;)


汗をかきながら寝ていた感覚に
すでに疲労を感じますものね。。。

我が家のバカわんこ。
首にアイスノンを巻き
箪笥の下にもぐり
できるだけ木の床に体を横たえている。

体温うばてっくれ~(+_+)とでも
言いたげなしぐさ。

いつまで続くのか
この残暑。

窓の外では
蝉が鳴いとります。


東金プログラム




来春4月21日(日)に予定されている
演奏会プログラムを組みました。

この演奏会は
自身の勉強のためにと思い
隣町にある
東金文化会館小ホールで
弾き始めたのがきっかけで
来春で連続14年になります。

フルコンサートを開催することは
大変な負担がありますが
ピアニストと呼ばれたいなら
常に演奏していなければ
その呼び名も「まやかし」となってしまいますからね。

頑張れ!自分!

プログラムが決まれば
そろそろ練習せにゃあかん!

重たいお尻が持ち上げられます。

選曲はいつだって
けっこう悩みますよぉ(+o+)。


::::::::::::::::::::::::::


ハイドン:ソナタ HobXVI:50 ハ長調

ラヴェル:ソナチネ
      亡き王女に捧げるパヴァーヌ
      水の戯れ

ショパン:ノクターン op.62-1 ロ長調
      ノクターン op.62-2 ホ長調
      バラード op.23  ト短調 
      バラード op.38  ヘ長調 
      バラード op.47  変イ長調 
      バラード op.52  ヘ短調

::::::::::::::::::::::::::


毎年少しずつ
レパートリーは増やしていきます。

そうでないと
なかなか弾ける曲が増えませんから。

アシュケナージは
なんでも弾けるけど
大抵の人間はコツコツと
レパートリーを積み上げるってのが現実です。
しかも
ピアノ曲って膨大にあるので
尽きないっていうか
追いつかないってな感覚で
生きていくのです^^;。


夏の終わり




朝顔キャラ弁。

再び挑戦するも
あまり上手くできない(ーー゛)。

これは
あきらめようっと。

夏休みも
残すところ一週間となりました。

宿題終ってますか?

夏休みが始まる前には
「7月中には宿題終らせるぞ!」って
意気込んだものでしたが
例年8月の終わりになって
焦っていましたね。

当時は
作文、絵日記、工作くらいなものでした。

工作と言ったって
折り紙で動物なんかを折って
それを菓子箱の蓋の裏に貼りつけたりして
「動物園~」なんて簡素なものでしたねぇ。



両立




音楽雑誌「ムジカノーヴァ」の
電話取材を受けました。

取材の内容は
「ピアノ教師と子育ての両立」についてでした。

何故に
私に白羽の矢が立ったのかは
分かりませんが…(*^_^*)

担当の方と
小一時間ほど
お話させていただきました。

::::::::::::::::::::::::::

●子育てに苦労したことは?

ありませんね。。。

子育てって
大変なものなんですよ。
特に
苦労と言えるほどのものは
ありませんでした。

仕事に私情を挟むのは
プロフェッショナルではないと考えていたので
子育てより
仕事を優先していました。

そのことに関しては
いまだに「罪の意識」みたいなのはあります。

「放任」というよりは
「放置」でしたからね。。。

母親として
時間が割けない分
勉強やお稽古事は
他人任せに成らざるを得ない。

塾に漬け込み
お稽古に出し。

しかし
親が目を光らせていない分
何を習わせても
それなりにしかならないことは
分かっていましたが、
教育にお金を使うことで
子育てに不足している部分を
補っている心算でいたのでしょうね。

子供の側に
付きっきりで面倒を見ていたら
彼らは違う人生を歩んだかも?

まぁ
仕事をしている母親ってのは
多かれ少なかれ
「贖罪の気持ち」を抱えるものなのだとは
思います。

子供達は
あまり面倒を見なかったので
自立心が芽生えた
と言うか。。。
親の言うことはきかない子供に育ちました^^;。

勝手に進路を決め
勝手に志望校を受験してましたからねぇ。

私が仕事に邁進しながらも
ふたりの子供が無事に育ってくれたのは
健康に恵まれていたからだと思います。


●家族のサポートは?

もちろん
家族の精神的
そして物理的なサポートが無くては
子供を抱えながらの仕事は
出来ませんでした。

教室を開校した当時
まだ小さな下の子をみて
「この子をレッスン時には
どうするんですか?」と
親御さんに尋ねられたことがありました。

「あぁ。。
レッスンの邪魔にならないかと
心配しているのね。」

「子供がいるから。。。」
これは禁句と悟るきっかけになりました。

以来
レッスンの時間帯は
近所の保母さんに預けることに。

しばらくして
父が他界し
母が同居してくれるようになりました。

「私は
お手伝いさんじゃないんだからねっ(ーー゛)!」

実の母親なので
もちろんぶつかります。

それでも母は
ピアノを教えたり弾いたりすることには
時間がとられることを
充分理解しているので
日々の家事を支えてくれています。

主人も
家の外に出ての活動を阻むことは
一切せずに、
むしろ応援してくれていました。

それでも
しわ寄せは子供にきます。

足のない生徒を駅まで車で送ったりするのに、
自分の子どもは
レッスンが終わるまで
一時間も駅で待たせるなんてことは
頻繁にありましたよ。

授業参観
運動会
文化祭など
学校行事は行ける時だけ。

そのことに文句ひとつ言わない子供に
「悪いな~」っとは思いましたが
改善はしませんでした。

プロというものは
家庭を仕事に持ち込んではならない。

どこか
意地を張っている部分はありましたね。

「こんな母親で悪かったね。。。」
そう言ったら
息子は
「一人しか知らないから比べようがない」と。

子供は
案外逞しかった(-。-)y-゜゜゜


●両立のコツは?

コツなんてないですよ。

両立だなんて
意識もしたことは無かったですね。

その場限りの体当たり的
子育てでしたからね。

松田聖子。

家では
そう呼ばれています。

その心は。。。

子供を産んでも
育児は他人任せ。
それなのに
世間では
母親然としている。

まぁね(^・^;)。

子育てと仕事を両立できたとは
自分としては
とうてい思えないのですが、
世間的には
どちらも
そこそこ賄えたと評価頂けたのは
気恥ずかしいやら(*^^)v

周りのサポートに恵まれていたことと
運が良かったからだと思います。

もちろん
手の足りない部分は
積極的に外部に求めていきました。

仕事をする母親ってのは
子育てのために稼ぐのだ!
稼ぐから
子育てできるんです。

両立と言うよりは
循環みたいな感じかな~。

::::::::::::::::::::::::::


以上
こんな感じのやり取りでしたが
参考になったのでしょうか?

自分の言葉が
どのように編集され
記事としてまとめられるのか
興味は沸きます。

「ムジカノーヴァ」の発売日は
9月20日だそうです。

楽しみね~♪


成東2台ピアノ




成東ステップ(10月6~7日)で開催する
2台ピアノのトークコンサートプログラム
以下に掲載します。

相方は白石照男先生。

彼とのトークを交えた
15分間のミニミニ演奏会です。

ピアノを弾く楽しみを
子供達に伝えられたらと
思います。


***************************

歌:ストヤノフ

わらの中の七面鳥:バスティン

イギリスの兵隊さん:三枝成章
(バイエル88番)

アイガットリズム:ガーシュイン

夕焼小焼:三善晃


*******************************


皆さん
ご存知の曲を
2台ピアノでバージョンアップして演奏します。

お楽しみにね~(‘o‘)ノ






成東ステップ




10月6-7日(土日)開催予定の
成東ステップの申し込み締め切りが
なんと「間近」なんです\(◎o◎)/!

行事の多い夏休みに
うっかりとしていました。

締め切りは9月3日(月)です。
WEB申し込みの場合
締め切りは翌々日
つまり5日(水)の午後3時となります。

成東ステップでは
グランドピアノ2台出して
アンサンブルも楽しめます。

この機会に2台ピアノの
レパートーリーを探されるのも
良いかもしれませんね。

また時節柄
仮装での参加もウェルカムです。

今回は
ほっぺにフェイスペイントの
サービスもしちゃいますよぉ❤

お申込みは
お早めに!



向日葵




今朝のデコ弁当も
引き続き「夏」をテーマにしています。

この向日葵は
「イシイのミートボール」ですヽ(^。^)ノ!

ご飯の上に
ミートボールを置いたら
花びら型に抜いた野菜シートを
周りに飾ります。

花弁は小さなほうが「それらしく」見えますが
たくさん切りぬかなきゃいけないので
面倒ちゃ面倒です。

野菜シートが無ければ
スクランブルドエッグなんかでも
代用できますね~。

ダムダム君




夏の家族旅行
黒部ダムに行ってきた
我が愛するタケちゃん。

「僕からのお土産!」っと
黒部の「ダムダム君」という
言ってみれば人形焼をくれました。

美味しいかどうか気にするので
その場で開けて
ひとつ頂きましたよ。

「うん!イケる(^・^)!」

満足げなタケちゃん。

「ひとつ食べる?」と聞けば
「お土産ってのは自分が食べるもんじゃない」と
しっかり断るので
それではと「大阪土産」を渡しました。

「スパイダー麺」というカップ麺に
「じゃがりこ・たこ焼き味」の小袋。

お土産の交換っこ!(^^)!


コンペに初参加したのが
嬉しかったらしい。

「僕、エリーゼ弾きたい。」

彼の口から
リクエストが出たのは初めてのこと。

う~む。。。
ちょいと難しいかなと
思いつつ
嬉々とした表情に教え始めましたよ。

一時間かけて
ようやく
冒頭の部分を教え込んだ。

「その調子、その調子。
これが弾ければ
曲全体の3分の1は克服したことになる!」と
気合いを入れたのは
タケちゃんに向ってだか
己に向ってだか(・・;?

何ごとも
前向きは大変よろしい~♪




成果




コンペの審査も終わり
自宅に戻れば届いていたのは
ドレス達~(^・^)。
http://item.rakuten.co.jp/verygene/cad04017/

こちらは
アイボリーでのお作り。

バストの間に
胸元が開き過ぎてはと
ネットを貼りました。

ネットにビジューをつけたのは
お針子さんのアイディア。
より豪華になるんじゃないかって。

これなら
ネックレスは要りませんね~。

夏の梱包は
汗だくになります。

それでも
綺麗な物に触れていられるのは
好きなんですね。

今日は
PTNAの祝賀会でしたが
諸々の仕事や
レッスンが溜まっていたので
失礼しました。

元門下生が
グランミュ―ズDで決勝大会に
進出できたことは
実に晴れ晴れしいことでした。

おめでとう!(^^)!


今年の夏を振り返ってみれば
反省点も多々ありますが
沢山の方々に出逢えて
また
幾つかの仕事もこなせて
充実しましたよ。

夏休みの終わり
教室に来る生徒達は
また少し背が伸びてきました。

こちらは
気持ちに
少しゆとりが出来てきました。


音源②




スプラウトコンサートの後半に弾いた
門下生の演奏と回顧録を掲載します。


深山向日葵
http://www.youtube.com/watch?v=sRUFw1DdFrI
どんなに練習不足を叱っても
「どこ吹く風~」の向日葵ちゃんも
音高生となって演奏力アップしましたね。
お尻に火がつかないと練習始めないのに
器用なものだから何とか間に合わせる。
これからの人生は
持前の音楽力と努力を重ね合わせて
しっかりと歩んでいけるようにね。


藤村瑠美奈
http://www.youtube.com/watch?v=8Rdf5ol5r_g
どんな時にも明るく泣き顔は見せない。
器用なタイプではないので
その笑顔の陰で
努力を怠らないことは知ってるよ。
頑張ることは辛いことと考えていないんじゃない?
ピアノを楽しめる子供達を育てるためにも
自分の決めた道を突き進んでくださいね。
難しいだろうと思われる選曲も
こなしていく努力は
いつか実を結びます。


田原梨香
http://www.youtube.com/watch?v=R3XmxenCWoE
梨香ちゃんとの出会いは遅かったけれど
出会えて良かったわ。
音大に進学して
その後「ちゃんと練習しているか」心配していたけれど
見事な集中力で弾き切りましたね。
感心!
「もしかしたら大輪の花になるかも」と
評価された時には笑い飛ばしてごめんね。
今回の演奏で「もし」が「現実」に
なり始めたこと確認しました。


武田麻里
http://www.youtube.com/watch?v=bZPZE55wYyk
看護師を目指して
学業とピアノを両立させている麻里ちゃん。
汗を吹き飛ばしながらの力演に
感動を覚えなかった聴衆は
いなかったと思います。
ピアノを弾く姿に
これまでの軌跡がフラッシュバックしました。
「ピアノは続けられるときに弾けば良い」と
体現してくれたね。
これからも
オン&オフでピアノライフを堪能する姿
魅せつけてくださいな。


音源①





門下生有志による演奏会
スプラウトコンサートの回顧録を掲載します。

私が感じたこと
伝える時間もなかったので
ここに改めてYouTubeにアップした
彼らの演奏と共に掲載します。

長くなるので
先ずはプログラム前半の5人。


西郡麗
http://www.youtube.com/watch?v=ypfzkVMaNeA
幼稚園生の頃は
レッスン時間が長くモジモジ落ち着かない。
一時間ともたなかった彼女も、
今年から高校音楽科に進学。
今回の演奏会では
随分と成長した演奏力を見せてくれました。
すらりと伸びた手足が武器となり
どこまでも快活に弾いてくれます。


宮崎美穂
http://www.youtube.com/watch?v=0tqlV452KwE
小学生の頃ゴボウのように細かった美穂ちゃんも
早くも大学進学について考えるようになったね。
将来を科学の道に進むか
音楽に生きるか悩み始めたのは
成長の証。
進んで自己表現をするタイプではありませんが
この演奏を聴くと、特にドビュッシーには
秘めたるものがあります。


内山紗佑里
http://youtu.be/kXNMmIDDXYE
ご両親の
そして、おばあちゃまたちの愛に守られて
のほほんと育ったサユリちゃんのピアノは
いつだって自然で綺麗に流れます。
今年の春から音大生に。
門下のリカちゃんと
大の仲良しになったのは良いけれど、
電話したらいつも一緒
横でケラケラ笑って
こちらの用件が済む前に切るのは止めてよ~。


小林玄
http://www.youtube.com/watch?v=XRoONIi0Hts
何を弾いても「突っ走る」だけだった玄君。
大人になったねぇ。
君が親御さんに反対されても
音楽の道に進みたかった理由が分かる好演です。
ピアノが本当に好きだったんだね。
これからは
自活できる道を模索しつつ
君のピアノファンを裏切らないように
コツコツ演奏を続けてください。


中村朱里
http://www.youtube.com/watch?v=54tNzpAHmn0
心底舞台を楽しんでいる姿を
初めて観ましたよ。
ピアノは続けるもんだと感じる力演でした。
来春大学を卒業して
いよいよ社会に貢献できる人間としての
第一歩を踏み出しますね。
ピアノで培ったプライドと美しさで
自身の人生を描いてください。
いつも応援しています。


パフォーマンス




コンペの審査に携わって
数年経ちました。

ひと夏が終わり
ホッとしています。

演奏って
舞台に一歩足を踏み出した瞬間から
始まっているのですよ。

子供さんの演奏で
見かける「妙なパフォーマンス」について
お話しますね。

弾き出す前に
祈りを捧げたり
黙祷してみたり
エアーピアノよろしく
膝の上でひとしきり弾いてみたり。。。

良く
見かける光景ですが
そのような行為は
プロのピアニストは決して行いません。

もし
したければ楽屋か
舞台袖で人目につかないようにね。

不可思議な
お辞儀の仕方にはじまり
数多くの「妙な動き」ってのには
読者の方も
「あぁ~あれのことね」と、想像が付くことでしょう。

きっと
大人が教え込んじゃったのでしょうね。

もしくは
誰かがやっていたのを
「格好いい!」と勘違いして
真似てしまった結果かもしれません。

いずれにせよ
舞台に乗ったら
聴いて下さる人の為に
全身全霊を捧げるのが礼儀です。

「どうぞ神様!
上手に弾けますように」などと
自分のために祈るのは
もっての他でしょうねぇ^^;。

YouTubeアップ




お待たせしました(@^^)/~~~!

先日
開催された「スプラウトコンサート」の
動画がYouTubeに
アップされました。

YouTubeにアクセスして
「スプラウトコンサート」の後に
夫々の名前を入力しても検索できますし
下のURLで検索してもOKです。

http://www.youtube.com/watch?v=ypfzkVMaNeA 
http://www.youtube.com/watch?v=0tqlV452KwE
http://www.youtube.com/watch?v=h9WN1wgl4-8
http://www.youtube.com/watch?v=XRoONIi0Hts
http://youtu.be/54tNzpAHmn0
http://www.youtube.com/watch?v=sRUFw1DdFrI
http://www.youtube.com/watch?v=8Rdf5ol5r_g
http://www.youtube.com/watch?v=R3XmxenCWoE
http://www.youtube.com/watch?v=bZPZE55wYyk

撮影くださった
写真家・渡辺敦夫氏
通称さんぽさんの編集の腕前で
素晴らしい出来栄えになっています。

遠くに住む御親戚や
友人知人などにも
見てもらえますよ~。

世の中
便利になったものです。



かまきり




車のボンネットに
ポン!と乗っかっていた
かまきり君をパチリ!(^^)!

全国決勝大会の審査で
感じたこと
書きますね。

全国決勝大会審査の朝は
賞状のサイン書きで始まります。

講評用紙などには
印字された審査員の名前が並びますが
全国決勝大会では
直筆のサインを
参加者全員の賞状に書き込みます。

一生の
良い思い出となりますものね~❤

配点は
一点刻みの100点満点で付けます。

結果特集号に
得点は掲載されますので
金賞あたりは
平均点が90点くらいって
お分かりになると思います。

要するに
「文句のつけようがない」とか
「そんなに弾けちゃうんなんて感心!」ってな
レベル感でしょうかね。

入賞に際しては
審査員総勢9名が配点した
上下カットの平均点を争います。

全国決勝大会となれば
皆さん
小学生とはいえ
自分の世界観をもって
熱演を繰り広げます。

その
エネルギーには
子供の演奏とは言えども
圧倒されますよ~(@_@;)!

朝の10時に始まり
夜の7時まで
計91名の熱演に耳を傾けたら
流石に疲れましたよぉ~♪

明日の
表彰式で結果は発表されるでしょうから
私のお喋りは
この辺で…。

お楽しみに~!






全国決勝大会審査




おはようございます(^o^)/

こちら
千駄ヶ谷あたりは快晴です。

今日は一日
ピティナ全国決勝大会
B級審査に津田ホールにて従事します。

長い一日になりますが
ショコラBBも飲んだし
気合い入れて頑張ってきますっ(^◇^)┛

本番前




本番前の舞台。

静かに役者達を待つ。

この緊張感は
良いですね~(-^〇^-)

今日は
千葉県少年少女オーケストラの
夏の演奏会に来ました。

舞台に立てる子供達って
なんて幸せなんだろうと
つくづく思えたひと時でした。

一丸となって
音楽を創り出し
聞き手に伝えようとする
エネルギーには圧倒されます!

それもこれも
指導者達の熱意
支えてくださる方々の力があってこそ
演奏会です。

幸運なことです。


音楽って
鳴っては消えていくので
今を生きる感性が大事と
かねがね思っていましたが…

そうじゃない!

これまで
長い時間を掛けて続いてきたものを
次の時間に繋げるために
音を現実の空間に鳴らす必要があるんだなぁ。

継承出来なければ
消えていく。


明日から
全国決勝大会の審査に
出向く途中での
寄り道演奏会でした。

このまま都内に向かいます。

オケで演奏していた
総勢150弱の子供達も
ピアノにこの夏を掛ける子供達も
君達の熱演が
次なる時間へ
世代へと繋がっていきます。

大役じゃん~o(`▽´)o!




アキラさん




今日は
宮川彬良(みやがわあきら)さんの
「大発見コンサート」に来ています。

この
チケット完売の人気コンサートは
毎年夏に開催される
千葉県少年少女オーケストラのイベントです。

このオけに
フルートで所属する娘の応援~(^◇^)┛

おっと始まるわ~♪

また
後でねo(^-^)o

ビューティープリンセス




一押しの贈答品(@^^)/~~~!
http://store.shopping.yahoo.co.jp/shiseido-parlour/41000.html

この夏
リピしたいのは
資生堂パーラ-の
ビューティープリンセス。

コラーゲン&ビタミンC入りの
飲むゼリーです。

季節限定商品なので
試されたい方は
お早目に。

加えてのお薦めは
カネボウの夜飲むコラーゲン
ディープイン
翌朝プルプルのお肌になります。
http://www.kanebo-cosmetics.jp/collagendeepin/

こんなに飲んで
ぶるぶる~に
なってしまわないんだろうか(*^。^*)?



入道雲




夏の終わりを告げるかのような
空になってきましたね~。

このところ
「可もなく不可もない」話題を取り上げてきました。

その理由は
「まだ審査があるんだよ」と
言えない立場でしたのでね。

明日から
全国大会の審査に出向きます。

どの級の審査かは
当日まで内緒~(^・^)!

まぁ
既にPTNA全国決勝大会の
プログラムは巷に配布されているので
それを見れば分かるとは思いますが。。。

散々
指導してきた課題曲も
全国各地から集まってくる参加者達が
どのように演奏して晴れ舞台を踏むのか
非情に興味の募るところです。

パーマを掛け
顔にパックもして
コラーゲンは服用済み。
洋服やらアクセサリーは
ぬかりなく新調してあります。
靴は長時間の審査に備えて
履きなれた靴で。
課題曲集のページ数も暗記しました。
シャーペンの芯は3Bで用意しました。

こちら
準備は万端!(^^)!




藤代梨園




自宅は
千葉の田舎の山の中にあるので
自然の恵みの恩恵に与れます。

千葉と言えば
海の幸のイメージが強いのですが
この辺りは
果物も豊富。

冬から春にかけての苺に始まり
夏にはブルーベリー、葡萄に、西瓜や、梨と
果物も豊富に出回ります。

近所の梨園
藤代梨園では
毎年「B級品」を自宅用に求めます。

皮にスポットの入ってしまったもの
小振りで収穫されたものなど
商品として出荷できないものが
地元の住民向けに売られます。

それでも
ひと山1000円するのですから
「こりゃ~安い!」っとも言えないけれど
地産地消の心意気で
毎年買っていますよ~。

味は
美味しいですからね!(^^)!





虫かご




お盆休みにも
ぽちぽちとレッスンが入っていたので
どこぞとやらへは
特に出掛けず
買い物に出たくらいです。。

なにもしないのはナンだな(+o+)。

そこで
思い立って
外の物置を大掃除。

最近
お片付けモードに入っているし^^;。

物置の中からは
不用品が出るわ出るわ。

古いピクニックテーブルやら
キャンプ用の椅子は
もう「運動会観戦」がないので不用品。

子供の頃の
野球のバットにグロ-ブ。
ビート板にファンボードも
もう使わない。

虫取り網に
虫かごに。。。

小さくなった長靴。

思い出の品物が
ザクザク。

カビて古ぼけた品物を廃棄。

ふと
手に取ったキティーちゃんの虫かごに
これだけはとっておこうと
物置の棚に戻しました。

懐かしいな。。。

当時
虫を触ることに臆さなかった娘。
今では
大の虫嫌い。

子どもの頃
ダンゴムシを丸めて遊んでいたら
誤ってダンゴムシでない正体不明の虫を
丸めてしまったらしい。

無理やりに曲げたものだから
ブチリっと潰れて
液体が指についたとか。

以来
彼女は虫が大嫌い(*^_^*)。


プロフィール

鈴木直美

Author:鈴木直美
ピアニスト、指導者として活動中。
Suzuki Piano School主催。
VERY GENE ドレスショップオーナーを務める。

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブログカウンター