fc2ブログ

お土産

とにかく 無事に帰国出来てよかった( ̄∀ ̄) 昨日 メイシーズのセールで買った クリスマスセーターを着て帰ります。 こちらの人達にとって クリスマスは一年の最大イベントで この季節には 派手なクリスマスセーターが たくさん売られています。 私が選んだのは ラルフローレンの黒地にトナカイ模様の 地味なセーターです。 こうして見ると わずが一週間で アジアンアメリカンなオバさんになってる。 こういう人 よく見かけまずっ笑 アメリカの街中では マスクをしている人達は少なく 「コロナなんてあったっけ?」といった程。 日本で あれこれと仕事の待っている身としては アメリカで 発熱したり病気にかかる訳にはいかない。 今回の滞在は 娘の学校、美術館、公園を訪ねた程度。 お天気に恵まれたので 外を歩き回り 陽が落ちれば ホテルの部屋に籠っていました。 大きなスーツケース2つに いっぱい持ってきた日本の食糧と服は 娘に置いてきて 空になったスーツケースには 日本で待っている 生徒たちと家族にお土産をたんまりと詰めて帰国。 出国時に 重すぎて荷物を抜く騒ぎもあったけど たいていの問題は解決する。 Speak out! 声に出すと何とかなる。 生徒の皆さん 長い休暇を取らせてくれて ありがとうございました❤️ 旅の長文ブログに お付き合いくださいました方 辛抱強く読んでくださいまして ありがとうございました。
スポンサーサイト



積極性

このアメリカという国は 頑張って生きていこうとする輩には もしかしたら チャンスが開けることもある。 黙っていては 誰も助けてはくれないし 物事は動かない。 自ら道を切り開く力が必要だ。 「叩けよ、さらば開かれん」 「求めよ、さらば与えられん」精神が基本なのだ。 そのため 常に張り切っていかなければならない生活は とても肩に力が入る。 娘の生活振をみると コミュニケーション能力の高い彼女は 不味い英語でも臆せずに 周りに助けを求め 何とか頑張って生き伸びている。 それは もちろん親からの支援がなくては 成り立たないものだが 支援する我々も 将来の糧になるなら 応援出来るところまではしてあげようと思う。 音楽家として 大成できるかどうかの期待とかではなく 人間として この経験から 大きく逞しくなってくれると信じている。 いつも何かと お世話になっているという ハウスメイトの台湾人のケイティーと 私の誕生日なんだけどお祝いしない?と 誘ってきたミャンマー人に それぞれ アクセサリーのプレゼントを買ってあげて ボストンを後にしました。 いずれにせよ 今はまだ外国人通しで仲良くしている。 白人社会に入り込んでいくには まだまだ語学力が必要だね。

帰国前のひと悶着





かれこれ一週間の
ボストン滞在も終え

今朝は
4時に起きて

ボストンの 
ローガン国際空港にやってきました。

それさえも一悶着。

タクシーをUberで呼んだのに…

運転手が道に迷ったらしく
右往左往の様が
画面上で見て取れたので一旦キャンセル。

朝早すぎて
Uberの数が少なく中々捕まらない。

仕方がないので
フロントに頼んでタクシーを呼んでもらい。

やっとタクシーに乗り込みました。

空港でタクシーを降りたら
15ドルだったので20ドル札を渡したら

Oh!Thank you!と

お釣りをくれずにチップとして
全部取っていってしまった。

もはや
「いやいやチップは3ドル程度でしょ!
2ドル返してよ」と、抗うエネルギーもなかった。

とりあえず
空港に間に合って良かった。

3時間前には
空港に到着しようと計画したが

結局
空港に着いたのは2時間前になっていた( ゚д゚)





フードコート





買い物疲れし…

フードコートであったかい麺を食べました。

真っ赤な酸辣湯麺は 
びっくりするくらいの色をしていますが

見た目ほどは辛くはなく
春雨のように透明で
もちもちした麺が美味しかったです。

アメリカに来て

やはり
美味しいのはイタリアンや中華だなぁってこと。

ペストリー類は
どこも大味で不味いです(>人<;)

明日
日本に帰ります。

この一週間
ゆっくりと

アメリカでは年末のフェスティブな空気を
たっぷりと吸いました。

ここから
現実に戻り

年末にかけて走ります。

それにしても…

娘ちゃん

短期間の内に

すっかり
様子がAsian American の様子になりましたねぇ。

環境とは恐ろしいものです。










カオス




いったい

どうしたことでしょう( ̄∀ ̄)?

メイシーズデパートの中はカオス状態でした。

ブラックフライデーとは

老舗デパートでも
この様な有様になるのかしら?





商品はランダムに山積みとなり

ハンガーは床に落ちたまま。

お会計は
とてつもない長い列で

辟易しました。





メイシーズの外は

こんなに綺麗で立派な建物なのに。

ブラックフライデー





本日
サンクスギビングデーの後の

ブラックフライデーということで

お店が7時から開店して
セールをするということで…

ワクワクと
6時にはシャワーを浴びて

7時にはスタンバイしておったが

いったん家に戻った娘に 
LINEしても

一向に既読がつかない( ̄▽ ̄;)

まぁ
そんなもんよね。





寝坊した娘は無視して

メイシーズに出かけた。

一旦
戻って鬼電したがスルー。

まだ寝てるのか?

しばらくしたら

「すみません。二度寝しました。」とLINEに入る。

怖くて
電話に出られないんだろう(~_~;)

ブラックフライデーで
物は安くなっているものの…

ぶらぶらと
物色して再びホテルに戻る。

まだ
娘はホテルに到着していない…

「ホテルに戻ったわよ。」

「あらっ、早い…」

「遅いのは貴女でしょ!」

「は…ぃ(>人<;)」






プロフィール

鈴木直美

Author:鈴木直美
ピアニスト、指導者として活動中。
Suzuki Piano School主催。
VERY GENE ドレスショップオーナーを務める。

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブログカウンター